2009年11月15日

少年法の存在が間違ってる

読売新聞:「光市母子殺害 元少年の実名掲載は疑問だ(11月15日付・読売社説)

>少年時代の事件で、まだ公判中の被告の実名を出す必要があったのか、甚だ疑問だ。

 山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われた元少年の実名や中学時代の写真などを載せた本が出版・販売された。元少年はその事前差し止めを著者らに求める仮処分を申請したが、広島地裁は却下した。

 地裁決定は、「表現の自由」を尊重して差し止めに厳格な要件を設けた判例の延長線上にある。

 少年法では、起訴された少年の氏名、容貌(ようぼう)などを新聞や出版物に掲載することを禁じている。更生保護のためである。

 今回、差し止めは認めなかったが、少年法に反する行為を容認したわけではない。書名に元少年の実名を入れ、表紙に大きく印刷した点などを挙げて、「実名をセンセーショナルに使用しているとの感を拭(ぬぐ)えない」と指摘した。

 表現の自由には、重い責任が伴う。自律的、抑制的な姿勢があってこそ、読者の信頼は得られる。決定は、それを改めて示したと受け止めるべきだろう。

 元少年は、広島高裁での差し戻し控訴審で死刑判決を受けた。犯行時に少年でも死刑判決が確定すれば、この事件に限らず、究極の公権力行使である死刑の対象者が誰なのかということを、社会に知らせる必要はあろう。

 だが、元少年は殺意などを否認しており、現在は上告中だ。

 実名や写真を出すことで元少年の実像を描くのが、著者の狙いという。しかし、本の内容は主に元少年との面会や手紙でのやり取りで、少年法に触れても実名を出す必然性があったとは思えない。

 決定では元少年が実名掲載に同意していたと認定された。だが、これは本質的な問題ではない。

 事件や事故の報道は実名が原則だ。誰が容疑者や被告で、誰が被害者なのかは、最も基本的な情報で、記録性の点からも不可欠である。相手の承諾がなくとも、報じなければならないことはある。

 ただ、少年事件では、少年法の趣旨を尊重し、例外的に容疑者や被告を匿名にしている。有罪でも死刑以外ならいずれ社会に復帰する。それを容易にするためだ。

 出版や報道に携わる者が常に人権に配慮するのは当然だ。銃を持って逃走中だったり、死亡や死刑確定により更生保護の意味が失われたりした場合は別だが、安易な実名掲載は避けねばならない。

 元少年は仮処分申請とは別に賠償などを求める訴訟も起こしており、その判断が注目されよう。


少年法の存在がおかしいと思うんですよね
年齢にかかわらずやったことによって判断されるべきで、そこに年齢や性別、障害の有無などが判断に関わるのはおかしいです

現状は少年法が存在する以上実名を出すのはおかしいというのは正しいかなと思いつつも、こいつのやったこと、言ったことを考えれば死刑が当然でそれ以外はあり得ませんから、名前を出しても良いんじゃないでしょうか?
まかり間違って社会復帰への道が開けてしまったら、こんなのが近所に来ることを警戒しなければなりません。名前と顔写真を知っておくべきでしょう
また犯罪を犯さないとは言い切れない以上、警戒しすぎてしすぎることはないかと思いますね、特にこういう人間の場合

いずれにしろ少年法は早期に廃止されるべきで、年齢如何に関わらず裁判ではやったことで判断されるようになることを期待します

同様に精神障害者が犯罪を犯すと無罪になるのも納得がいかないですよ
殺され損じゃないですか・・・


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック