2009年11月05日

なぜ教師を辞めないのか

朝日新聞:「「君が代不起立で処分は不当」、大阪の教諭が提訴

>昨年3月の卒業式で、君が代斉唱の際に起立しなかったことなどを理由に訓告処分とされたのは不当として、大阪府門真市立第三中学校教諭の川口精吾さん(56)が2日、処分の取り消しと、府と市に200万円の慰謝料を求める訴えを大阪地裁に起こした。

 訴えによると、卒業生のクラス担任だった川口さんら教諭8人と、卒業生160人のうち159人は卒業式の君が代斉唱時に起立しなかった。市教委は今年2月、当時の校長と川口さんを文書訓告、他の教諭7人を口頭厳重注意とした。川口さん側は「起立を求める職務命令は出ておらず、処分は思想信条や表現の自由を侵害している」と主張している。

 提訴後、記者会見した川口さんは「こうした処分で国歌斉唱が強制されると、いずれ教育内容の強制につながるのではないか」と話した。市教委と府教委は「訴状が届いておらずコメントできない」としている。


教員として仕事をしている以上、思想信条や表現の自由は制限されるのは当然でしょう、公僕なのですからね。イヤなら教師を辞めるという自由はあるわけですから、教師を辞めほかの職種へつけばいいと思います。

特に日本の国旗国歌を蔑みたいのなら北朝鮮の工作員という業種も良いかもしれませんね。その程度の知性しかないんでしょ?こういう人は


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック