2009年11月03日

最後には正義が勝ってほしい

北海道新聞:「首相の政治資金問題 立件可否を国会後に判断 東京地検

>鳩山首相の政治資金問題で、東京地検特捜部は、政治資金収支報告書の虚偽記載分の原資とされる鳩山氏個人の資金の流れなどの解明を急ぎ、11月末の臨時国会閉会後から、政治資金規正法違反容疑で立件の可否を判断するもようだ

 鳩山氏は6月の会見で、鳩山氏の資金管理団体「友愛政経懇話会」の2005〜08年の実名献金のうち約90人分に当たる約190件、総額約2177万円が虚偽記載だったと公表。その後、寄付者名を記す必要のない5万円以下の匿名献金でも判明、04〜08年の計約1億8千万円の多くが虚偽記載とみられる。

 地検はこれまでに、首相側から会計帳簿の任意提出を受けるとともに、経理担当の元公設第1秘書らから任意の事情聴取を実施。秘書の供述では、偽装献金の大半について、鳩山首相の個人資産を充てたことなどが明らかになっている。

 地検は今後、鳩山首相やその親族らの資産管理会社「六幸商会」の資金の流れについても調べを進め、元秘書が虚偽記載を行った詳しい動機や、偽装献金の原資が本当にすべて首相個人の資金だったのか、などの解明を進めるとみられる。


これが逮捕確定という風になってほしいと願っております
日本を守るための一つの手段だと思います

でも一番大事なことは国民の期待に応えることができる真の保守政党です

民主党は少なくとも保守政党ではありませんし、国民のために働く党ではありません。働くとしたら日本国民ではなく中国、南北朝鮮のためです。このことを日本人は知らなくてはいけません
甘言で日本人を釣っておいて、特定アジアのために尽くすことが彼らの目標なのですから騙されてはいけません

なので、各党に散らばっているまともな保守思想を持っている議員の皆様が平沼Gへ集っていただいて、次期内閣を作るのが理想的ではないかと考える次第です
そういった中で安部さんや麻生さんにご活躍してほしいと
中でも中川さんにはその中心的役割を担っていただきたかったです


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック