2009年11月03日

また一つ無法がまかり通りました

日経新聞:「不法滞在で摘発・敗訴の中国人一家、判決「付言」受け在留許可

>不法滞在で摘発され、強制退去処分の取り消しを求めた訴訟でも敗れた中国人一家4人が、10月に法相から在留を認められたことが、2日分かった。判断が一転した決め手は、一家の訴えを退けた東京高裁が入管に再考を促した判決文の「付言」。入管関係者によると、付言に基づき入管が処分を変更したのは過去に1件のみと極めて異例で、一家は「裁判所と入管当局に感謝したい」と話している。

 在留特別許可を受けたのは、東京都内に住む50歳代の中国籍男性とその家族。法務省が今年7月、子の就学状況や滞在期間などを重視するガイドラインに改定したことも背景とみられる。(07:00)


やっぱり千葉って人には法を守るという、法治国家における最低限のルールを守る気はないんでしょうね

せっかく入管がきちんと仕事をしてくださっているのに、大臣がこの有様では日本全体で法を守ろうという意識がどんどん薄くなってしまうのではないかと危惧しております

こんな基地外大臣は早く辞めさせてもらいたい
日本はマナーとか規範をしっかりと守れるすばらしい国民性を持っているのに、大臣がこれでは日本人全体の恥です


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人参政権とか不良外人問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック