2009年11月02日

確実に脱官僚失敗

読売新聞:「国会答弁メモやっぱり作って…官邸側、省庁に指示

>首相官邸の事務方が臨時国会での鳩山首相らの「答弁資料」作成を各省庁に求めた文書について、平野官房長官が「政治主導に逆行する」として一度は各省庁に廃棄するよう求めたが、その後、官邸側が各省庁に改めて答弁メモを作成するよう指示していたことがわかった。


 もともとの文書は、臨時国会召集前の10月22日、内閣総務官室が各省庁に送付した。自公政権での慣習を踏襲し、答弁作成の留意事項として「一文は2行半まで」「総理答弁等にふさわしい格調高い表現を」など、細かい点まで指示した。

 平野長官は、各党による代表質問が始まる前日の27日になって、事務方の「指示」を把握し、文書の撤回を指示。各省庁への配布文書のほか、メールなどのデータの消去も求めた。

 ところが、その日夜、官邸から一転して各省庁に「廃棄せず、そのまま使ってほしい」との新たな指示が伝わった。従来のように、答弁者が国会でそのまま読み上げるような文書ではなく個条書きの形での情報提供を求める内容だった。

 最終的な首相らの応答要領は、各省庁が新たな指示に基づいて作った、「簡略化した答弁資料」を基に首相秘書官らが執筆、首相自らが加筆・修正して「政治主導」が演出されたという。結局、官僚からの情報提供抜きでの答弁は、困難なことを露呈した形だ。

 ある省庁幹部は「前より多少楽になっただけで、手間はほとんど変わらない」と話した。


霞ヶ関は大馬鹿だとか言われてまで、仕事を強要される官僚が気の毒ですね
多少は反乱を起こしても良いんじゃないかとさえ思ってしまいます(もちろんあってはならないことですが、公務員という立場上)

あれだけ政治主導というでかい看板を掲げておきながら、やっぱり出来なかったんだなというのが正直なところ

民主党にそんなことが出来るわけ無いのは当初から目に見えていたんじゃないでしょうか?
党首が麻生さんにあれだけこてんぱんに討論で負けていたんです。他の連中もろくなもんじゃないことくらいわかりますよね

実際現時点でも予算委委員において、鳩山氏は具体例を挙げて話をすることが出来ない状態とかですよ。予算がまともに決められるとは思えませんね

だいたい己の無能を棚に上げて、人のせいにするような阿呆がまともに仕事できるわけ無いですよね。マスコミはえらい持ち上げてますが

日本を混乱させるだけ混乱させて、トンズラするのが関の山でしょうね

ただ、小沢将軍だけは要注意かもです
何をしでかすかわかりませんからね


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:メモ 官僚 答弁 政府
posted by ! at 21:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック