2009年10月29日

結局南鮮籍の船の自爆だったということ?

読売新聞:「コンテナ船、追突避けようと急旋回…護衛艦事故

>海上自衛隊の護衛艦「くらま」とコンテナ船の衝突事故で、コンテナ船は前方の貨物船に約2倍の速度で近づき、追突寸前になっていたことが、第7管区海上保安本部(北九州)の調べでわかった。

 コンテナ船は、貨物船を避けようとして左へ急旋回してほぼ真横を向いた状態になり、対向する航路を進んできたくらまとぶつかったという。

 7管が分析したコンテナ船、貨物船のAIS(船舶自動識別装置)データなどによると、貨物船は約6ノット(時速11キロ)で東方向へ航行し、コンテナ船はその約2倍の12〜14ノット(同22〜26キロ)で進んでいた。

 貨物船は、海上保安庁の関門海峡海上交通センターから無線で「コンテナ船が接近している」として右側へ寄るよう促された。貨物船はかじを切った際に減速し、コンテナ船が追突しそうになったという。

 7管幹部によると、コンテナ船はくらまと衝突した衝撃で停止したが、衝突しなければ山口県下関市側に座礁した可能性もあったという。

 7管は、コンテナ船の操船に問題があったとの見方を強め、業務上過失往来危険容疑で乗組員らから事情を聞いている。


マスコミは必死で自衛隊、自衛隊がダメなら海上保安庁の管制官へ責任を帰そうとしていましたけど、結局のところは南鮮籍の船が自爆だったということで良さそうですね
なぜに、そこまで日本を貶めようとするのか本当に理解に苦しみます
さらには現政権までもがおかしなことを言い出しているわけで、本当に今の日本は狂っていると思います

なぜに日韓関係を持ちだしてくるのかわかりません。少なくとも南鮮籍の船が原因で大事な自衛艦が使えなくなるのです厳重抗議をして当然でしょう。船の国際ルールを守れないような船を外へ出すなと文句を言ってやるべきではないかと思いますよ


こんな具合にまとめられてましたが、この通りならば日本側に一切責任が無いと考えて当然ですよね?
・情報センターは指示は出さない、情報提供のみ。空港の管制とはまったく別。
・判断は船長が行うことになっている。
・そもそも韓国船が前方の貨物船に接近し過ぎたために『情報提供』が行われた。

・左から抜いてくれ、と言うのは前方の船の要望でありそれを伝えただけ。
・自衛艦は最大限被害を小さくする努力をした。
・韓国籍コンテナ船は、対向から護衛艦が来ていることは知っていた。

・前を行く船から、「後から接近する船がいるから、抜くなら左から抜いてくれ」
と言われて、御丁寧に管制官が
「抜くなら左から抜いてくれってさ、でも前から護衛艦が来てるからね」
と伝えた。

●自衛隊艦船に過失はない(○:見張り義務、○:右回避、○:停止措置)
●海上保安庁の情報提供に問題はない(○:追い越し方向の通知、○:注意喚起)
■韓国の船が追い越し中に回避行動を通常と逆に行い、自衛隊艦船の航路を塞ぎ、衝突した(×:左回避)


ホント、南鮮が絡むと日本は確実に不幸になるので関わりたくないものです


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック