2009年10月29日

出来ないマニフェストの責任は?

北海道新聞:「高速無料化は道内10年度 国内、12年度完了見直し強まる

>政府は27日、2010年度から着手する高速道路の原則無料化について、初年度は北海道や九州に限定した実験的実施にとどめ、11年度以降も地域拡大の規模を縮小する方針を固めた。世論の慎重論が強いことや財源確保の困難さを考慮した。民主党マニフェスト(政権公約)で明記した12年度の完全実施は見直される可能性が強まってきた。

 政権発足前、民主党内では10年度に北海道など地方部で先行実施し、翌年度以降に順次拡大していく方針だった。国土交通省は10年度の概算要求で、高速道路無料化の完全実施に必要な1・3兆円の半額近い6千億円を要求。しかし藤井裕久財務相は25日、「まず実験的にやるので、何千億円(が必要)という段階ではない」と、初年度は規模を大幅に圧縮する方針を示した。

 11年度以降の地域拡大も、当初から除外する方針だった首都圏や大阪圏に加え、他の都市部の無料化も慎重に見極める構えだ。背景には財源不足のほか、無料化によって税金による費用負担や温室効果ガスの排出増につながるとの批判が根強く、最近の世論調査では半数以上が「評価しない」と回答していることがある。


さて、脱官僚がダメで、高速道路無料化もダメのようですね
結局がんばっているのは売国法案くらいなものですか?

消費税は上げないといいつつ環境税(排出権買収税ともいう?)を新設するようですし、控除関係をいくつか無くして実質増税など国民へかなりの負担を強いることはどうやら確定路線のようです

これらに対する責任を4年後までとらないつもりなのかどうか、ですが
早くとってくれませんかね?
回復不能なところまでやられてしまったら日本が立ち直れなくなってしまうので早く解散して保守政権誕生を待ちたいです


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:高速道路無料
posted by ! at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック