2009年10月28日

全然危機管理できてないんじゃないの?

日経:「政権初の危機管理 海自艦事故、首相は防衛相に対策指示

>海上自衛隊の護衛艦くらまと民間の貨物船の衝突事故は、鳩山政権が初めて迎える危機管理対応となった。鳩山由紀夫首相は27日夜、早急な情報収集と被害実態の把握を伊藤哲朗内閣危機管理監に指示。北沢俊美防衛相には「船の中で延焼しないように最善の措置をとってほしい」と命じた。

 首相官邸の内閣情報集約センターに事故の第一報が入ったのは発生から15分後の午後8時11分。平野博文官房長官は連絡を受け、直ちに首相に報告した。事故発生時、首相は官邸5階の執務室にいたが、午後8時37分には田園調布の自宅に向けて出発。官邸を出る際、危機管理監に情報収集の徹底を指示し、官邸を後にした。

 防衛省によると、北沢防衛相は午後8時10分に第一報を受け、同50分に同省に到着。榛葉賀津也副大臣を現地に派遣するとともに、省内で記者会見を開き「国民に心配とご迷惑をかけたことは極めて遺憾だ」と陳謝。「(関門)海峡の通行止めをしたので、国民には申し訳ない」と語った。(27日 23:35)


あのー目の前で大問題が起きているのに帰っちゃう首相ってマジですか?そんなことがまかり通るというのでしょうか?

以前南太平洋で大地震があって津波の可能性があったとき、官邸では電話がうるさいからとホテルへ行って連絡が取れなくなるような首相ですからねぇ。日本国内の問題でもそういう対応をしてもおかしくはありませんね

どうして売国系左翼政権では、危機管理がまともに出来ないんでしょうか?
今後国内で大災害が起きないことを祈るばかりです
無能なトップでは何もしてくれませんから


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック