2009年10月22日

あまりにもひどい言い訳

Yahoo:「鳩山首相、「脱官僚」と矛盾せず=退官14年、民間も経験−日本郵政

>鳩山由紀夫首相は21日夕、元大蔵次官の斎藤次郎氏を日本郵政社長に起用することについて、「大蔵省を辞めて14年たっている。民間でも働いていた」と述べ、民主党が掲げる「脱官僚」政治とは矛盾しないとの認識を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 民主党は野党だった昨年の通常国会で、いずれも旧大蔵・財務次官経験者の武藤敏郎氏、続いて田波耕治氏を日銀総裁に充てる同意人事案にいずれも反対し、政府に対して2度総裁人事を白紙に戻させた経緯がある。首相は「日銀の独立性の問題が大きくて、(人事案に)ノーと言った」とした上で、「武藤さんの場合は財務省を辞めてから5年間、必ずしも民間で働かれていなかった」と「武藤総裁」に反対した理由を説明した。退官後、8年半以上経過していた「田波総裁」に反対した理由には言及しなかった。


鳩山氏のいろいろな間抜けな発言、アホな発言、矛盾した発言などいろいろおかしな発言がありましたが、また一段と飛び抜けた間抜けな発言が出てきました

元大蔵官僚を日本郵政の社長に据えることが脱官僚に矛盾しないそうです。そんなことが認められるわけがないでしょうに
しかも天下りは無いとしたとしても立派な渡りの経歴をお持ちで、なおかつ官僚の中の官僚と言われ、さらには小沢の息がかかった人物
民主党が今まで自民党に対して攻撃してきた材料を十分兼ね備えた人物と言っても良いんじゃないですか?(小沢の件は別としてもですが)

今まで脱官僚を唱えてきた意味が、全くなくなりましたね
自民党よりひどいと言って良いでしょう

早く真の政権交代が起きることを待ち望んでおります。早期の辞職をお願いしますよ、鳩山さん


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091021-00000184-jij-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:09| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳩山由紀夫がいかにごまかしの言い訳をしても、斎藤次郎は明らかに天下り・渡りである。
天下り・渡りを問題にしてきた民主党が自ら天下り・渡りをさせるわけであるから、鳩山由紀夫は責任を取るべきである。
民主党は異様な特異体質であり、亀井静香や千葉景子などのアキレス腱が多い。
鳩山・亀井・斉藤の社会主義国営の郵便局は決して使わず、
その代わりにコンビニ、ヤマト運輸、銀行、保険会社及び証券会社等を利用しよう。
そして、官営郵政を衰退させて、預金が国債の購入に使われないようにしたい。
国債の利払いは約10兆円になっており、税収の2割を超えている。
Posted by 民主党の渡り人事 at 2009年10月24日 09:37
コメント掲載が遅くなり申し訳ないです。
すでにぼろぼろなんですよね。いつまでメディアはかばい続けるんでしょうか?
Posted by ”!”です at 2009年11月12日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック