2009年10月16日

竹島は日本のもの

Yahoo:「竹島は「日本」明示 19、20世紀の独仏地図

>わが国固有の領土で韓国が不法占拠する竹島が、19、20世紀初めのドイツとフランス製の世界地図で、日本領と明示されていることが15日、島根県の竹島資料室の調べで分かった。

 国や県が主張する「竹島は17世紀から日本に領有権があった」を補強する資料。竹島資料室が9月下旬、隠岐の島町の男性が所蔵する世界地図など約50点を調査して判明した。

 ドイツ製は1872年、フランス製は1902〜04年ごろに作製されたとみられる。ドイツ製では、リアンクール島など表記されている「竹島」と、松島と表記されている「鬱陵(うつりょう)島」が並ぶが、鬱陵島と朝鮮半島との間に境界線があり、日本領としている。フランス製では、竹島と鬱陵島の西欧の島名に続き、日本の領有を示す「Jap」の記述がある。


先だって、南鮮が世界の各機関に不当な圧力をかけて南鮮の島名に書き換えさせたとかいう報道がありました。要するに確実に日本側に正しさがある以上国際裁判では勝てないために、そういう卑怯な手を使って事実上竹島ではないと言い張るつもりなのでしょう
このことに関しては外務省に抗議をして欲しいところなのですが、イオンの岡田さんでは期待薄かもしれません。というか日本という国の国益に反する団体である民主党が政権についている限り、日本にとって有利になるであろうことはしてくれないということですから

いずれにしろ、このような確実な資料があるのですから、どんどん世界に訴えていくべきでしょう
国がやらないのなら民間で進めていくしかないでしょうね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091016-00000047-san-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:竹島
posted by ! at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹島とか領土問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック