2009年10月16日

日本は危険水域に近づきつつありますが、中国では

Yahoo:「ネット規制、強まる批判 中国学者ら「人権宣言」署名活動

>中国の学者や弁護士、詩人らが、インターネットにおける当局の言論規制を批判した「ネット人権宣言」を発表し、ネット上で署名活動を進めている。

 中国ではネット人口が3億4千万人に達し、「ネット世論」と呼ばれる民意が形成されており、民主化や反体制に関する言論の拡大を懸念する当局が規制を強化している。

 「ネット人権宣言」は、今年1月に「中国国営テレビは政府の宣伝番組に過ぎない」として視聴ボイコット宣言をした作家、凌滄洲(りょう・そうしゅう)氏が中心となり、15人で発表した。

 ネット上での共産党批判は、2002年7月に学者ら18人がネットにおける言論の自由を求めた「ネット公民権利宣言」や、昨年12月に反体制派作家の劉暁波氏らが発表した「08憲章」に続くものだ。

 「ネット人権宣言」は10カ条からなり、前文で「合法的に言論を発表し、真実を報道することは市民の権利」と指摘。「発表される言論は法律の範囲を超えて審査や干渉を受けてはならない」(3条)、「サイトの審査、隠蔽(いんぺい)、封鎖は世論により非難されるべきだ」(10条)などと、規制を強化する政府の姿勢を真っ向から非難している。

 15日の段階で「宣言」の賛同者は約600人。凌氏は「現状を踏まえて、一般の人々に言論の自由について考えてほしい」と話している。


中国の人々は目覚めつつあるようですね
日本人は民主党政権に味方するマスコミによって愚民化し始めているような感じですが

しかし、ここで名乗りを上げた方々の身の安全が心配です
おそらく中国政府は何らかの形で弾圧を始めていくでしょうから


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091016-00000059-san-int


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:中国 ネット規制
posted by ! at 19:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック