2009年10月15日

なにものにも代えられない

Yahoo:「「靖国に代わる国立追悼施設」調査費、概算要求の見送り

>政府は15日、平成22年度予算概算要求で、靖国神社に代わる新たな国立戦没者追悼施設の建設に向けた調査費の計上を見送る方針を固めた。追悼施設をめぐっては、鳩山由紀夫首相が衆院選で政権を獲得する直前に建設への意欲を示し、扱いが注目されていた。

 政府は衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた政策の実現を優先し、来年度予算を今年度当初予算以下に抑える方針であることなどから、来年度の取り組みを見送ったとみられる。

 民主党は7月に発表した政策集「INDEX2009」で追悼施設建設を進める方針を明記したが、マニフェストでは触れていなかった。しかし、衆院解散後の8月中旬に鳩山首相が「一定の宗教によらず、どなたもわだかまりがなく戦没者の追悼ができる国立追悼施設の取り組みを進める」と建設推進を明言し、対応が注目されていた。

 これに対し、社民党は4年以内に建設計画をまとめることを決定。一方、国民新党は反対の立場で、与党内の足並みも乱れている。

 追悼施設建設は平成14年、福田康夫官房長官(当時)の私的懇談会「追悼・平和祈念のための記念碑等施設の在り方を考える懇談会」が出した答申に盛り込まれたが、これまで調査費計上は見送られてきた。


靖国神社は靖国神社であって、他のものに代えがたい存在
別のものでごまかそうというのは大きな間違いなので、予算を組む必要はないでしょう
それこそ無駄な箱物行政でしょうね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091015-00000567-san-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック