2009年10月15日

なぜか社民党がまともに見えてしょうがない、この頃

Yahoo:「社民・重野氏、代表質問見送り「立法府の自殺行為だ」

>社民党の重野安正幹事長は15日の記者会見で、今月末召集予定の臨時国会での鳩山由紀夫首相の所信表明演説に対し、連立与党からは同党だけが代表質問することについて「あくまでも党を代表して質問する。民主、国民新両党の付託を受けてするわけではない。与党になったから代表質問しないというのは、立法府の自殺行為だ」と述べた。代表質問を見送った民主、国民新両党の姿勢を批判した発言だ。

 一方、社民党は同日、党本部で常任幹事会を開いたが、国会法の改正による官僚答弁の禁止について、出席者全員から反対意見が出された。


最近社民党がまともに見えることが多い
もちろん理由は民主党がとんちんかんすぎて異常レベルがずば抜けてしまっていることが原因であって、社民党が正道に戻ったからではないのは明らかであり、過剰に褒めることはないと思います

いずれにしろ現与党が異常すぎて、たまにまともっぽい発言が出てきたからと言って、現与党を認めることは危険であり、監視すべき状態であることには代わりはないです

常にとんでもない行動に出ているから要注意とすべきだということです
こんな危険な内閣は史上始まって以来ではないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091015-00000541-san-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:社民党 代表質問
posted by ! at 19:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック