2009年10月09日

外国人参政権を認めるような人が首相であってはならない

Yahoo:「首相きょう訪韓 「参政権」焦点に 付与は違憲…政治問題に発展も

>鳩山由紀夫首相は9、10両日、韓国、中国を相次いで訪問する。韓国では、青瓦台(大統領府)で李(イ)明博(ミョンバク)大統領との首脳会談に臨むが、焦点となりそうなのが永住外国人への地方参政権付与問題だ。韓国側が要請している上、首相をはじめ、小沢一郎幹事長、岡田克也外相−と民主党幹部には参政権付与に熱心な顔ぶれが並んでいるからだ。首相の判断次第で、今後の大きな政治課題に浮上する可能性がある。(阿比留瑠比)

                   ◇

「一定の結論を出すべき問題だ。その結論を見据えて首相や幹事長は話をされている。現実的な対応につなげていきたい」

 原口一博総務相は8日、産経新聞などのインタビューでこう語り、参政権付与に意欲を示した。この問題は自公政権でも公明党が推進しようとしたが、自民党内に慎重・反対論が根強く頓挫してきた経緯がある。

 一方、民主党は世論の反発を恐れたのか、衆院選マニフェスト(政権公約)からは削ったが、政策集「INDEX2009」では「結党時の『基本政策』に『定住外国人の地方参政権などを早期に実現する』と掲げており、この方針は今後とも引き続き維持していく」と明記している。

 また、鳩山内閣の閣僚の一人は衆院選前に在日本大韓民国民団の地方本部で講演し、「政権奪取で皆さんの地方参政権を実現する」と“公約”している。

 民団は衆院選で、参政権付与の推進派議員を支援した。鳩山首相は就任前の今年6月、李大統領と会談した際に「多くの民団の方にご支持いただいてありがたく思っている」と語っており、参政権問題で後には引けない事情もある。

 鳩山内閣発足直後の9月19日、李大統領の実兄である李相得・韓日議員連盟会長が小沢氏を訪ね、参政権付与を改めて求めた。小沢氏は即座にこう応じた。

 「賛成だ。通常国会で目鼻をつけよう」

 民主党には400人余の衆参両院議員がおり、永住外国人法的地位向上推進議員連盟の川上義博事務局長は「今の民主党の現職の初当選も含めた議員の中で、(参政権付与に)まったく反対の人は32人しかいない」と打ち明ける。

 だが、外国人への参政権付与はもともと憲法違反(平成7年の最高裁判決)だ。また、今年2月の韓国での法改正で在日韓国人は母国の国政選挙に投票できるようになった。本国の選挙権があるのに日本でも地方参政権を行使するというのは筋が通らない。

 参政権付与を世論が求めているわけではない。国のかじ取りを行う鳩山首相には、慎重な上にも慎重を期した対応が求められる。


普通に考えて、どの国であってもそうだと思うのですが
外国人が、所属しない国の政治に参加する、ということがおかしいんですよ
また、帰化する気もないのに、居座り続けるのもおかしな話

参政権が欲しいのなら、さっさと母国へ帰り、そこで行使すればいいわけです

さらには違憲だと判断されているのに、外国へ行って約束してしまうような無能な首相は不要です
賛成が得られないとわかっているからこそ、マニフェストから隠しておいてんでしょう?
まともなマニフェストは実行できないくせに、こういう国益を損ねることだけは素早くやるということが本当に恐ろしいです
早く、この政権を解散させなければなりません


この辺保守系の人たち、ネット上の良識ある人たちは指摘していたんですけど、よくわかってくださらない方々からは、差別につながるとか、税金を納めているのだからという反論がかえってきてなかなか良く伝えられないのがつらいところです

差別という問題に関しては、日本国籍を有する人とそうでない外国の方々の間の区別に過ぎないのですから差別だと過敏に反応するのが過ちというしかないですね
逆に日本人が他国へ行って、日本国籍を有したままで投票させろといったら、相手にされませんよ
そしてそれが普通の反応です
日本人はどうも変なところで優しすぎると思います。ダメなものはダメ、という毅然とした態度をとるべきだと思います

また、税金のことも、税金は行政サービスを受けるためのお金なのですから、税金を払ってる払ってないは関係ないでしょう
そんな理屈が通るのなら、日本人でありながら税金を納めない人から参政権を取り上げることになってしまいます。これの方がおかしいですね。日本人である限り参政権は剥奪されないと自分は考えますので

また、憲法違反ということに関しては、自民党の与謝野さんが良い論文をお書きになっているので是非お読みくださればと思います

着々と日本破壊計画を進める民主党
こちらにコピペがあります


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091009-00000072-san-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック