2009年10月09日

NHKがまた不祥事

”ガジェット通信”:「NHK記者が暴走か! Winny金子氏に『デスノート』的手紙を送る

>ファイルデータを不特定多数の人たちと共有することができるツール『Winny』(ウィニー)を開発し、著作権法違反に問われていた金子勇氏。2009年10月8日、大阪高裁は一審・京都地裁の有罪判決を破棄し、金子氏に対して逆転無罪を言い渡した。このことはニュースで判決結果が出るや否や、インターネット掲示板等で大きな話題になっている。

そんななか、NHK京都放送局の記者が意味不明なことをし、金子氏やその弁護士を困惑させていることが判明した。NHK記者は金子氏が公判中の時期に封書を送り、インタビュー取材の依頼をしたのだという。封書で依頼というのもおかしいが、まあ、インタビュー取材の依頼をすること自体はいつもよくあることである。

だが、問題はここからだ。そのインタビュー依頼の内容がとんでもないものだったのだ。その封書の内容を要約すると、「このままだと有罪になるからNHKのインタビューを受けてほしい。そうすれば無罪になることができる」というものだったという。これは金子氏の弁護士が自身のブログにて暴露したもので、弁護士はこの手紙のことを “デスノートの「魅上」並の狂気” とコメントしている(魅上についてはググっていだたきたい)。簡単に言えば、自分を神だとでも思っているかのようなNHK記者の言い草ということだ。

これが事実であれば大変なことであり、モラルを欠如した記者としか言いようがない。ガジェット通信編集部は真相を知るため、NHK京都放送局に取材依頼をするとともに、ファクスにて質問状を送った。10月9日の午前までに返答するよう要望を出しているので、それまでに明確な返事が届くことを期待している。

以下は、そのNHK記者からの手紙を弁護士のブログより引用したものである。長文の引用となるが、事態をお伝えするためにどうかご理解いただきたい。あなたはこの手紙をどう思うだろうか? ちなみに、この手紙を送ったNHK記者は「地裁判決後の記者会見で、何食わぬ顔で最前列に構えていた」という。いやはや何も言葉が出ない。

<NHK京都放送局の記者からの手紙>
金子さま、突然お手紙で失礼します。NHK京都放送局の記者です。私は、NHKの記者として現在京都で司法の分野を担当しています。(中略)結論から申しまして、公判の途中ですが、近々にNHKのインタビューに応じていただけないでしょうか。趣旨は初公判の後の会見で、私が質問した内 容と全く同じです。インタビューにでていただき、金子さんの考えている「将来の著作権のあり方」について思う存分語っていただきたいと思うのです。(中略)現に裁判では、弁護側がいわば的外れな見解を繰り返している間に、検察側は着々と犯罪事実の立証に足る、最低限の条件をクリアしていっていま す。検察側と弁護側の争点が食い違っていますが、検察側が争点を弁護側に合わせようとしないことからも明らかです。検察側としては弁護側と争点がかみ合わ なくても、むしろかみ合わず反論が内法が立証が容易だと考えているからに他なりません。(中略)裁判は残念ながら、弁護団が躍起になって、金子さんの耳にタコができるほど吹き込んでいるような結果にはならないでしょう。「悪あがき」をす ればするほどあなたの評価は下がる一方です。そして、あなたの描いた世界もきません。あるいは、その世界の到来まで我々は随分またなければなりません。 ネットユーザの中には、47氏が著作権のあり方を変えてくれると期待していた人が多くいたはずです。保身のために、主張を覆す。それが、果たして「神」と 呼ばれた人物のやるべきことでしょうか。(中略)NHKのインタビューに応じて、その行動にいたった動機を正直に話せば、世間の納得は得られるはずです。仮に有罪判決になってもインタビューに出 て世間に本音をさらしたことで執行猶予がつくのは間違いありません。逆に無罪を主張し続ける限り、減刑の余地はなく、実刑になる可能性も否定できません。 その点から考えれば、インタビューに応じることはかえって金子さんにとって有益であると言えると思います。(中略)最後に度重なる無礼をお許し下さい。お返事お待ちしています。


やれやれ、ジャパンデビューに続いて、また不祥事が出ましたね
これがNHKクォリティってことでしょう。もうテレビでニュースを見る価値もないでしょうね

Yahoo:「NHK記者が公判中のウィニー開発者に手紙「無罪主張なら減刑ない」

>ファイル共有ソフト「winny(ウィニー)」の開発をめぐる著作権法違反幇助(ほうじょ)罪に問われ、2審の大阪高裁で8日、無罪判決を受けた金子勇・元東大大学院助手(39)に対し、NHK京都放送局の司法担当だった20代の男性記者(現在は他部署に転出)が平成17年、1審・京都地裁での公判中にインタビューを申し込む際、「インタビューに出て本音をさらせば執行猶予がつくのは間違いない」などとする内容の手紙を送っていたことが同日、わかった。

 金子元助手の弁護人の壇俊光弁護士は「露骨な弁護妨害」と批判。NHKは事実関係を認め「取材活動として不適切だった」としている。

 壇弁護士によると、手紙は平成17年の京都地裁第8回目公判の後、金子元助手の自宅に届いた。将来の著作権のあり方についてNHKのインタビューに応じてほしいという取材依頼だったが、その中で「動機を正直に話せば、世間の納得は得られるはず。仮に有罪判決になってもインタビューに出て世間に本音をさらしたことで執行猶予がつくのは間違いありません」「逆に無罪を主張し続ける限り、減刑の余地はなく、実刑になる可能性も否定できません」などと記していた。

 壇弁護士は「この手紙で金子氏と私の信頼関係が揺らぐことはなかったが、同じことがほかの事件で起こったらどうなるか。被告は動揺すると思うし、こうした取材手法は一般的にはやめるべきだ」と批判。

 これに対し、NHK広報局は、記者がこうした手紙を送った事実を認め、「著作権などの問題について金子氏に直接取材するためだったが、弁護活動などに触れた部分は取材活動として不適切だった。弁護団にはNHKとしてすでにおわびした」としている。


先ほどの、spaの件だけではなくマスコミ全体に蔓延しているんじゃないでしょうか?
こういう取材先に対して高圧的な態度で臨むっていうのが

普通取材させていただく、のではないでしょうか?
少なくとも、取材先よりも記者は目下でなければおかしいです。がんばっても対等くらいでしょうね。相手に時間を割いてもらって話を聞かせてもらうようお願いするのですから、上の立場というのはちょっとあり得ないことです

にもかかわらず、この手の話はいくつも出てくるわけで、各マスコミは社員の教育をしっかりするべきではないですか?
特に社会人としての礼儀作法をきちんと身につけさせるべきではないでしょうか?
服装言葉遣いなおすべきはありそうですよ


ところで、マスコミさんは国民を代表してというフレーズを使って取材するみたいですけど、そんなことを委託したつもりはないんですよ
そんな下品な連中に国民を代表してもらったら恥ずかしいじゃないですか

その辺をマスコミさんにはわきまえてもらって、品良く取材をして欲しいものですね


ついでにいえば、
なんというか、マスコミっていう存在は変ですよね

単に会社として存在しているわけで、はっきり言えば利益が出ないことはしないわけでしょ?
となれば、不公正な報道も十分あり得るわけです
そんな連中が公正中立をうたっているところで笑止なわけです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091009-00000514-san-soci



    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:NHK winny
posted by ! at 20:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック