2009年10月07日

無能な閣僚の一人藤井君

Bloomberg GLOBAL FINANCE:「総合/民主の経済政策 G7冷淡 藤井財務相デビュー演説 質問ゼロ

>トルコのイスタンブールで3日開かれた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は、新政権が海外主要国に経済対策を詳しく説明する最初の舞台となった。出席した藤井裕久財務相=写真=は「子ども手当」といった内需主導の経済政策を経済担当トップらに力説した。だが、その内容に対する質問などはゼロ。「お手並み拝見」を決め込んだG7メンバーから、厳しい洗礼を浴びたといえそうだ。

 藤井財務相は財政政策で経済を下支えする従来姿勢は維持しながら、その中身を教育や環境分野といった内需中心で推し進めていくと説明。財源については「無駄を省く」として財政悪化の不安を否定し、先に公表した来年度以降の予算編成方針も付け加えた。

 藤井財務相は、9月下旬の20カ国・地域(G20)金融サミット(首脳会合)にも出席。会談などを通じ、各G7担当相らと顔合わせは終えている。ただ、準備作業から新政権ですべて手掛け、発言時間も十分あるG7は、海外へ政策発信する事実上のデビュー戦。事務方の官僚も「経済政策をぜひ聞きたいという国も多いだろう」と張り切った。だが、「特に意見というか、反論はなかった」(藤井財務相)というように、期待していた反響は一切なく、さえないまま終わった。

 「新政権からの大臣ではあるが、経験は豊富」と政府幹部が指摘するように、藤井財務相の不慣れが、冷たい反応を招いたわけではない。

 藤井財務相には、G20後に円高容認と受け取られる発言で、市場が即座に1ドル=90円を突破した“前科”がある。演説ではこの問題に自ら「私の考えに若干の誤解があった」と弁明。会議後会見の質問にも「(為替が)一方的に偏った動きが激しくなればそれなりの対応をする」と、市場介入にも含みを持たせた慎重姿勢に転じた。

 海外にとって日本の政権交代は他人事。新政権が海外から注目と信頼を得ていくためには、日本が長年世界に訴え実現していない内需主導経済という「絵に描いたもち」を実績に変えていく必要がある。


諸外国は、民主党の政策によって起こるであろう世界恐慌を警戒しているわけです
せっかく上向きかけているのに日本が足を引っ張ろうとしているわけですよ
そのことを鳩山内閣はわかっていないようです

だから、相手にされないわけですね

◆バーナンキ・FRB議長
「ドルが世界の基軸通貨としての地位を失うリスクはない」

◆アルムニア欧州委員
「EUは米国の強いドル政策を望んでいる」

◆フランスのラガルド経済財務雇用相
「強いドルは誰にとっても利益」

◆オランダのボス財務相
「ガイトナー米財務長官が「強いドルは米国にとって非常に重要」と発言したことを歓迎する」

◆トリシェECB総裁
「過度な為替変動は市場に悪影響」

◆ユンケル・ユーログループ議長
「ユーログループは為替レートについて議論した」

◆藤井財務相
「子ども手当で内需拡大します」

こんなコピペの通りなら、相手にされないのも無理はないかもしれません

経済音痴に日本経済を任せたらまずいでしょうねぇ
日本の経済の動きがなんだかんだ言っても世界へ影響するということの重大さをわかって無いんでしょうね
私怨で政治をしているような下衆な連中には


もう一つコピペ
  ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

民主・藤井氏「再補正で7兆円以上の組み替えが可能」 …子ども手当や高校無償化の財源 [09/09/05]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1252329651/
 ↓
1ヶ月後
 ↓
【鳩山内閣】 補正予算削減額は2兆5000億円に…鳩山首相「かなりの額になりましたね」 [09/10/06] 
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1254874727/
 ↓
1日後
 ↓
【鳩山内閣】 厚労省:10年度予算要求に、5兆円上積みへ…民主公約(子ども手当など)実現のため [09/10/07]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1254868250/
関連スレ
【鳩山内閣】 赤字国債を発行へ…税収減避けられず 10年度予算編成★7
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1254841325/
 


どうにもなりませんね


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:G7 財務相 藤井
posted by ! at 20:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック