2009年10月06日

油断は出来ない、追及の手をゆるめないようにしなくては

Yahoo:「<政府>法案提出、通常国会に先送りへ 予算年内編成を優先

>政府は5日、子ども手当創設やガソリン税の暫定税率撤廃に必要な法整備について、10月下旬に召集予定の臨時国会には提出せず、年明けの通常国会に先送りする方向で調整を始めた。臨時国会を比較的短期間で済ませ、来年度予算の年内編成を優先させるためだ。

 民主党は10年度に衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた独自政策に必要な財源として7.1兆円を掲げている。ただ、これらの政策実現に当たって与党内には「臨時国会の段階では財源の説明が難しい」として、臨時国会での法案提出には消極意見が多い。10年度当初予算で財源に関する論点を整理してから、年明けの通常国会に提出すると見られる。

 政府関係者は5日、「臨時国会は軽く、安全運転で行きたい」と語り、臨時国会は鳩山政権下での野党との初の本格論戦となることから、多くの審議時間が必要な法案提出は避けるべきだとの見方を示した。

 このため、臨時国会は鳩山由紀夫首相の所信表明演説とそれに対する各党代表質問のほか、衆参両院の予算委員会質疑が行われる程度で、主な議案は新型インフルエンザ対策のための補正予算や、国家公務員の給与法改正案程度になる見通しだ。


臨時国会をここまで開かずにいること、期間を短くしようとするのは
どう考えても鳩山氏の不正献金疑惑の問題があるからでしょう。他にもいろいろ問題はありますが、一応アレでも総理ですから、その責任は重いわけです
すでに時遅しで世界中に恥をさらしまくってますけどね

さて、自民党側はもちろん政策論争もする気満々ですし、そうではなく手は困りますが、鳩山氏の不正献金もんだについて追求もするとすでに宣言しています
それは是非実行していただきたいです。マスコミはなるべくその問題に触れようとしていませんから、少しでも広めるために追及の手をゆるめないで欲しいと願っております


しかし、そのことでマニフェストの目玉を先延ばしにするのもみっともないですね
八ツ場ダムは早々に潰したくせに、子ども手当などを先延ばし。国民のことは考えてないわけです。やっぱりねって感じです


また、毎日新聞ですから記事に出すわけ無いと思いますが、民主党の裏マニフェスト。本来表に出ているマニフェストよりも力を入れている裏のマニフェストに記されている夫婦別姓制度と外国人参政権の問題がこの臨時国会出てくるかどうかが気になるところです

千葉氏と福島氏はノリノリのようですが、決してこういう法案は日本に害をなす法ですから絶対通してはいけないものです

今月各所で反対集会、デモが行われているので、お近くの方は参加して欲しいと思ってます


特に、10月17日、27日には平沼氏ら保守系議員が参加される集会が予定されています
過日非業の最期を遂げられた中川昭一氏の追悼が27日の集会でも行われるとのこと。平日なので行きにくいところですが、なるたけ多くの方に集っていただきたいと願っています

10月17日集会分
→注意PDFファイル

”好きです、日本!! 前衆議院議員赤池まさあき国政ニュース”:「中川昭一先生追悼《10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&デモ》内容確定

です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091006-00000002-mai-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック