2009年09月28日

都合の良い数字が出るまで試算をやり直させる?

Yahoo:「<岡田外相>「25%削減」家庭負担の再見積もり検討の意向

>岡田克也外相は27日のNHKの番組で、2020年までに温室効果ガスを90年比で25%削減するとの鳩山政権の目標に関し「一般家庭の負担の試算はさまざまな前提を置いており、客観的な前提で計算し直すことが必要だ」と述べ、家庭負担の再見積もりを検討する意向を明らかにした。

 麻生太郎前政権は、温室効果ガスの25%削減を達成するには、一般家庭の負担が年間36万円増加すると試算。産業界などが「国民の理解が得られない」と懸念を表明している。


あまり民主党にとって都合の良い見積もりが出てこないから、妥協できる数字が出るまで試算をやり直させるような予感

とりあえず体裁を整えたいんだろうけど、

この25%削減というのは、産業界を完全に敵に回してしまうし、敵どころか産業界が壊滅的なダメージを受ければ働く場も無くなるわけで、味方のハズの労働組合も敵に回ってしまうかもしれないよ

政治主導といいつつ、国内で調整をしないまま国際社会に発言してしまった以上、取り返しはつかないわけで、日本は25%削減をどうしてもしなければならないのですが、産業界にしろ家庭にしても現実的に達成は無理でしょう

となるとあとは排出量取引をするしかないのですが、企業が技術を安易に提供するとは考えにくいですし、増税しかないでしょうね
政権維持が可能かしら?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090927-00000061-mai-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック