2009年09月11日

成功してよかった>H2B打ち上げ

Yahoo:「H2B 打ち上げ成功 鹿児島

>宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工は11日午前2時1分、鹿児島県・種子島宇宙センターから、国産新大型ロケット「H2B」1号機を打ち上げた。約15分後、国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を運ぶ無人補給機(HTV)の1号機を分離し、打ち上げは成功した。

 H2Bはまばゆい炎とごう音を残しながら南東方向へ上昇、暗闇へ消えた。固体補助ロケット、衛星フェアリング(覆い)、第1段ロケットを順次分離。その後、HTVを分離した。

 HTVは来年の米スペースシャトル退役後、ISSへの物資輸送を担う。全長約10メートル、直径約4.4メートル、重さ約10トンの円筒形で最大6トンの物資を積める。

 今回の計画では、HTVは分離後、高度200〜300キロの楕円(だえん)軌道に投入され、1週間かけて高度約400キロを周回しているISSに接近。18日午前8時ごろ、ISSのロボットアームを使ってドッキングする。11月初旬、廃棄物などを積んで大気圏に再突入し、燃え尽きる。

 JAXAなどは15年まで年1回、計7機を打ち上げる予定。一方、H2Bは従来のH2Aを基に、JAXAと三菱重工が約270億円かけて共同開発した。全長約56メートルで、打ち上げ能力はH2Aの約1.4倍。


打ち上げ成功してよかった

これで独立行政法人の見直しをしてもJAXAを存続させてくれればいいんですけどね
どうせ民主党ですから無駄だと切り捨てるんでしょうな
くだらん政党が政権を取ったものですねヽ(`Д´)ノ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090911-00000003-maip-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:35| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然:科学化学関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無人輸送機「HTV」の成功は夢と希望を与えてくれた。
しかし、無駄を省くと言っている民主党には無駄に違いない。
民主党政権には宇宙開発を期待できない。
毎年3兆円を高速道路の無料化に使い大気汚染を加速するよりも、宇宙開発に使えば日本は宇宙大国になるに違いない。
その技術などの産業界や民生への波及効果に期待したい。
Posted by 宇宙開発 at 2009年09月12日 11:34
コメントありがとうございます。
いずれの面においても、民主党の政策はダメダメってことですね。
どう見ても日本を劣化させるようにしか見えません。
Posted by ”!”でございます at 2009年09月12日 20:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック