2009年09月07日

亡国への一里塚

Yahoo:「「90年比25%」を堅持=温暖化ガス削減目標−鳩山代表

>民主党の鳩山由紀夫代表は7日、環境問題に関する会合で講演し、日本の温室効果ガス削減について、2020年までに1990年比で25%削減するとした同党の中期目標を堅持する考えを明らかにした。麻生太郎首相が6月に発表した20年までに05年比15%削減(90年比8%削減)するとの政府案より厳しい内容だ。鳩山氏は22日に米ニューヨークで開かれる国連気候変動会合で、こうした考え方を表明する。
 鳩山氏は目標達成に向けて「あらゆる政策を総動員して実現を目指す」と強調。さらに「世界のすべての主要国に対し、意欲的な目標設定を強く呼び掛けていく」との考えを示した。
 途上国支援について、鳩山氏は「意欲的に温室効果ガス削減に努める途上国に対し、先進国は資金的、技術的支援を行うべきだ」と指摘。その上で「支援の具体策について『鳩山イニシアチブ』として国際社会に問うべく、新内閣発足後ただちに検討を開始したい」と述べた。 


麻生政権で15%削減でかなり揉めたというのに、25%とは無謀すぎますよね。
15%では7万円の負担増、25%では35万でしたか、そのくらいの家庭での負担増が見込まれていると指摘されてきたわけです

もちろん企業での負担もかなり大きなものになり、日本から脱出する企業も増えると指摘されているのにもかかわらず、己の理念のためだけに無理を強制しようとする鳩山のやり口は、あまりに民意に反するのではないでしょうか?
生活がある程度安定しているときなら賛同もありましょうが、苦しいときに無理を強いるのはどうかと言うのが普通でしょう

現実を見ることができない鳩山には、下々の苦しみなんて見えないんでしょうね。何処が国民の生活が第一なんでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090907-00000056-jij-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■温室ガス25%減、鳩山代表が明言−これで日本の黄昏が始まるか?
こんにちは。鳩山さん、温室効果ガス25%減を明言しましたね。この目標を実現するためには、家庭でもかなりのことをしなければならなくなります。たとえば、現在断熱処理があまりされていない住宅の断熱です。一戸建てだと、500万くらいの出費になる場合もあります。それよりも、産業の効率が悪くなり、 GDPを押し下げ、雇用状況を悪化させるおそれもあります。このようなことを強行するには、それなりの訳(たとえば、中国への巨額の投資の準備など)があると思うのは私だけでしょうか?ここに書いていると長くなってしまいます。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2009年09月08日 10:55
書き込みありがとうございます。
拝見させていただきました。なんというか、民主党は見た目の数字だけを重視していて,中身の検討なんてやってないんでしょうね。で、できなかったごめんなさいで逃げるつもりなんでしょう。その頃には、日本の産業はめちゃくちゃでしょうね。
Posted by ”!”でございます at 2009年09月08日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック