2009年08月29日

本当に国連は役立つのかな?

Yahoo:「安保理制裁が効果=「圧力と対話」両にらみ−北核問題

>国連安保理の制裁決議で禁輸対象に指定されている北朝鮮の武器がアラブ首長国連邦(UAE)で押収され、決議が実効性を発揮し始めていることが明らかになった。北朝鮮は米国などとの対話に前向きな姿勢を示しているが、安保理はなお北朝鮮に譲歩を強いるムチとして制裁の厳格履行を各国に求め続ける構えだ。
 今月の安保理議長国である英国のサワーズ大使は20日、「北朝鮮は核・弾道ミサイル開発の継続という根本的懸念に対処していない」と指摘し、制裁緩和の考えはないと強調した。米国のゴールドバーグ制裁担当調整官も、北朝鮮が核放棄の態度を示さない限り制裁を科すと述べた。
 一連の発言は、クリントン元米大統領の訪朝と米国人記者の解放、北朝鮮による金大中元韓国大統領への弔問団派遣、米知事と北朝鮮外交官の会談といった出来事の後に行われた。対話の開始だけでは制裁緩和につながらず、核開発断念の決定が必要との米国などの立場を示した形だ。 


とりあえず、UAEはグッジョブですね

とはいえ、国連の安保理の決議も中国ロシア次第で、確実に役に立つとは言えないんですよね

北朝鮮のような国を確実に制裁しようにも、北朝鮮に同調する国が常任理事国になってしまっている以上、よっぽどの取引材料がないと譲歩を引き出せないですよね


また、一番の大きな問題とすべきは民主党ではないでしょうか?
せっかく安保理で北朝鮮への制裁が決議されたのに、当事者の日本が貨物検査法を成立させることができませんでした
それは民主党による審議拒否という妨害工作が原因です

日本の国益を損ねる北朝鮮という国に対して、国を守る為の武器をもう一つ追加できたのに民主党はそれを拒否したのです
一体どういう事なんでしょう?

また、そんな政党に日本の未来を託すことが本当に正しいんでしょうか?自民党は良くないから代えたい、という気持ち、自分の中にもあります。しかし、民主党はその代替品たる資格が無いと私は考えますし、それは国旗を切り裂いたことなどからも誰もが当たり前だとわかることです。そして、その問題など民主党の悪い部分を全く伝えないマスコミが本当に邪魔ですね

あとわずかな時間ですけど、民主党の悪事について一人でも多くの人に伝えていただき、反民主の輪を広げて欲しいと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090829-00000055-jij-int


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:52| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『北朝鮮と台湾の関係』 核廃棄物

核開発などで何かと話題に上る北朝鮮と台湾の以外な関係をまとめてみましたので
ご参考まで。

 http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm

 http://72.14.203.104/search?q=cache:Dgo-61n9W8sJ:nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm+%E6%A0%B8%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9%E3%80%80%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%80%80%E6%9D%8E%E7%99%BB%E8%BC%9D&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2
 
  日本財団 図書館
  1997/06/10 世界週報

  必ずしも足並みがそろわぬ米側の対応

  加えて、四月一二日、李登輝総統は、イギリスの賓客との会見の中で、
  北朝鮮問題とそれに関する台湾の対応策に言及したといわれる。
  だが、かねてから話題となっていた台湾の核廃棄物を北朝鮮で処理する問題については、
  既述のギングリッチ米下院議長ですら李登輝総統との会見で抑制を促したもようである。

 http://ritouki-aichi.sblo.jp/article/31540733.html?reload=2009-08-27T15:15:16
  愛知李登輝友の会ブログ
   2009年08月23日
    のコメント欄をご覧ください
Posted by おなか一杯 at 2009年08月30日 19:39
どうもです、また機会を作って拝見させていただきます。
Posted by at 2009年08月30日 20:03
おっと、上記は自分です。
Posted by ”!”でございます at 2009年08月30日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック