2009年08月26日

人種差別に問題をすり替えて逃げようとするのは卑怯だ>セメンヤ疑惑

Yahoo:「セメンヤ凱旋!母国挙げて「男疑惑」に猛反発

>ベルリン世界陸上の女子800メートルで優勝したものの、「男性疑惑」が浮上している南アフリカのキャスター・セメンヤ(18)が25日、ヨハネスブルクの空港に到着、地元ファンら約1000人から大歓迎を受けた。空港で帰国を待つファンらは踊ったり歌ったりの大騒ぎを繰り広げた。国際陸連はセメンヤ選手の性別を医学的に調査中で、母国南アは猛反発。アパルトヘイト(人種隔離)政策の歴史を持つ同国は人種問題に特に敏感で、同陸連の対応について「人種差別」だと批判の声が上がっている。

なんというか、この場合人種差別は関係無いでしょう
男か女かはっきりしろって事であって、人種のことはまったく関係無いですね

男という生き物と女という生き物が明らかに違うから、男女別に戦うわけです
女の競技の場へ男が入ってくれば非常に有利なわけです
身体のつくりが違いますからね

そこで男じゃないのかと疑われたからといって、こういう反発をするのではなくやましいことがないのならチェックを受ければ良いだけのこと
おかしな話です

写真で見たところ、自分には女らしさを感じませんでした
女性アスリートがいかに鍛えても、どこかしらに女性らしさが残っているものなんですが、そういうものを全然感じなかったんですよね

もちろん自分の印象なので、本当に女性なのかもしれませんけども


まずは疑いを科学的な視点から晴らしてからですね、話はそれからだ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090826-00000038-spn-spo


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック