2009年08月19日

クビになりたくないからねぇ

Yahoo:「育休取得率、男性減る=女性9割超に−08年度厚労省調査

>厚生労働省は18日、雇用均等に関する2008年度調査の結果を発表した。育児休業(育休)の取得率は、女性が前年度比0.9ポイント上昇し90.6%。これに対し、男性は0.33ポイント低下し1.23%だった。
 育休取得率は1999年度と比べた場合、9年間で女性が34.2ポイント増加したものの、男性はわずか0.81ポイントの上昇にとどまっている。ただ、6月に成立した改正育児・介護休業法は男性の取得促進策も盛り込んでおり、同省は今後、目標とする10%への引き上げを達成したい考えだ。
 育休の取得期間を男女別に見ると、女性は「10カ月以上12カ月未満」の32.0%が最も多かった。ほかは「12カ月以上18カ月未満」の16.9%、「3カ月以上6カ月未満」の13.6%だった。
 一方、男性は「1カ月未満」が54.1%に上った。「1カ月以上3カ月未満」の12.5%がこれに続き、女性に比べ短期間しか取らない傾向が鮮明になっている。
 調査は昨年10月、常用労働者5人以上を雇用する約1万カ所の民間事業所を対象に実施。有効回答率は72.8%。
 

男性で育休をとったら、やっぱり仕事を続けるのは非常に難しくなると思います。職場での立場が非常に悪くなってしまう可能性、やっぱり大きいと思います

特にこういうご時世ですから余計に休みにくいときではありますね

男性も子育てに参加すべきだとは思う気持ちもありますが、企業側にしてみれば働いてくれる人がいいわけで、権利として認められていてもなかなかとれるまでには定着していないって事ですね

その辺は、一人一人の意識改革が必要で、国などへ文句を言うべき筋合いではないと思います
父親一人一人が考え方を変え、それを訴えなければ変わっていかないでしょうね
それに関しては奥様の手綱さばき次第ではないでしょうか?

しかし、自分としては母親は少なくとも小学生に上がるくらいまでは家にいて欲しいものだなと考えます。子どもに母親がなるたけついているべきでしょう。もちろん父親もいるのが当然だとは思いますけど、その比ではないと思います。それでも、父と子が最低朝晩ご飯を一緒にとる位はしなきゃダメでしょうね

女性の社会進出が声高に叫ばれますけど、そんなに必要なんですかねぇとは思ってます
同権であるべきとは言いますが、男と女、性が違う時点で同権は無理です
うまく補い合えるようにすべきなのに、何でも同じじゃないと気が済まないっていうのは行きすぎた過ちだと思ってます
その辺、奥様が働かなくても食べて行かれるだけの収入が旦那にないと無理なんですけどね・・・
なかなか難しいです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090818-00000129-jij-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック