2009年08月15日

肝心なことができていない>野党連合のマニフェスト

Yahoo:「消費税据え置き=郵政事業は抜本見直し−3野党が共通政策

>民主、社民、国民新3党は14日、衆院選で掲げる「共通政策」を発表した。消費税率は政権担当期間中は5%に据え置き、郵政事業は抜本的に見直すとした。一方、3党で隔たりの大きい外交・安全保障政策は盛り込まなかった。衆院選で与野党逆転した場合、3党はこの政策を基に連立政権協議を進める方針だ。
 共通政策は冒頭で「小泉内閣が主導した市場原理主義の経済政策は、国民生活、地域経済を破壊した」と強調、家計支援を最重点に位置付けるとした。また、唯一の被爆国として憲法の平和主義などを順守するとした。
 政策は(1)消費税据え置き(2)郵政見直し(3)子育て対策(4)社会保障の充実−など6項目で構成。消費税については「今回の選挙で負託された政権担当期間中は税率引き上げは行わない」と明記。「歳出見直しの努力を最大限行う」とし、景気回復後の消費税増税を掲げる与党との違いを強調した。
 郵政事業については、日本郵政など3社の株式売却を凍結した上で、郵便局で郵便、貯金、保険の一体的サービスが受けられるように見直すとした。 


外交と安全保障を抜いたマニフェストに何が価値があるのやら、です
国民の生活が第一と言っておきながら安全保障がおざなりになっているような政策に何の意味がありましょう?

日本という国が存在していてこそ、生活が成り立ち、自由にものを言うことができるわけです
それを無視している政治家に何の価値があるんですか?
日本という国が亡くなってしまえば、今の生活は全く成り立たないわけですけど、そのことを理解しておられるんでしょうか?

中国のような国に近づいて、言論の自由が守られると思っているのなら大笑いです
そして、そのような国へ近づこうとしている政党が次の政権を担うなんて悪夢はごめんですね。それは靖国神社の問題、歴史認識の問題で現実化しようとしています
そんな事で良いのでしょうか?

よく考えて欲しいものですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090814-00000108-jij-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック