2009年08月13日

民主党、再度方針変換か?

朝日新聞:「民主公約の高速無料化→CO2急増 シンクタンク試算

>民主党が衆院選のマニフェスト(政権公約)に掲げた高速道路の無料化と自動車関連の暫定税率の廃止が実施された場合、二酸化炭素(CO2)の排出量が年980万トン増えるとの試算をシンクタンクがまとめた。一般家庭の年間排出量に換算すると約180万世帯分に相当。麻生政権が導入した休日の高速道路「千円乗り放題」で増加が見込まれる年245万トンと比べても4倍となる。

 民主党の公約が地球温暖化対策に与える影響について試算したのは、自治体の環境政策に携わるシンクタンク「環境自治体会議・環境政策研究所」(東京都千代田区)。県境をまたぐ移動に新幹線や高速バスなど公共交通機関を使っていた人の一部が、自動車を利用するようになると仮定して分析した。

 それによると、高速無料化と暫定税率廃止が実施された場合、自動車の輸送量が21%増えるのに対し、鉄道は36%減、バスは43%減、航空機は11%減と公共交通機関は軒並み減るという結果が出た。鉄道離れが特に進むのは、東京圏からは東北や近畿方面などに向かう路線と、大阪圏からは東海や四国方面などへの路線とみられるという。

 国内の運輸部門のCO2排出量は2億4900万トン(07年度)で、これを約4%押し上げる計算になる。

 衆院選のマニフェストで自民党は、高速無料化にも暫定税率廃止にも触れていない。政府が今春から始めた休日の高速「千円乗り放題」の継続について公明党は公約に掲げているが、自民党は明記を避けた。一方、社民党は、高速無料化には触れず、暫定税率廃止だけを盛り込んだ。

 12日の党首討論では、麻生首相が「石油の消費が増えて環境には悪くなる」と民主党の公約を批判すると、鳩山代表は「必ずしもCO2(排出量)に大きな悪影響を及ぼすということではない」と反論した。

 高速料金の値下げや無料化などは温暖化対策に逆行するとして、環境NGOは反発を強めている。気候ネットワーク(京都市)など10団体は5日、各党に公約撤回を求める声明を発表。声明に賛同する団体は増えており、12日現在で21団体になっている。


二酸化炭素が増加することで地球温暖化が進むって事には、昨今は異論を見かけることもありますが、とりあえずここではおいておいて

民主党はこのような試算にはどのような反応を示すのでしょうか?
先日には、子ども手当がじつは高所得者層へ一番恩恵を与えるという試算も出ていて、民主党がマニフェストの目玉としていた二つ共にもの言いがついたことになるわけです

どのように言い訳をするのか、もしくは方針変更を行うのか
いかがなものでしょうか?

嫌気がさして民主党が政権を諦めてくれればありがたいんですけどね
特アの人々の利権のためにもう少しがんばるでしょうね、日本人としたら非常に迷惑なのですが


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
鳩山はお坊ちゃまだから、人から言われたら
すぐ方針を変える馬鹿な人間です。
何故、こんなのが党首である民主党が政権を
取れるところまでいくのか、非常に疑問ですね。

政治家は、確固たる信念で日本と国民を守って
もらいたいです。
Posted by ごりろん at 2009年08月13日 21:21
コメントありがとうございますm(__)m

ホント疑問です。
確かに自民党にもいろいろ問題があるにしても、民主党のひどさはそれ以上なのに、気がついてもらえないのが悲しいです。その辺マスコミがだんまりを決め込んでいるのが原因でしょうけどね。
昨日の党首討論にしても、鳩山代表があーなることを見越して放送しなかったんでしょう

麻生首相が本来の信念に基づいて行動できるように支援していきたいと思ってます。微々たるものでしょうけどね。
Posted by !でございます at 2009年08月13日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック