2009年08月05日

もっと採用されて然るべき>教科書

Yahoo:「「つくる会」執筆教科書 自由社版、横浜市採択

>横浜市教育委員会(今田忠彦委員長)は4日、平成22年度から市立中学校で使用する歴史教科書について、「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)が執筆の中心となった自由社版を、市内の18区中8区で採択した。

 同社の教科書が採択されたのは全国初。71校(生徒数約3万9000人)が対象となる。

 つくる会が手がけた教科書は扶桑社版と自由社版の2種類があり、記述の8割が共通している。同会が編集方針などで扶桑社と対立、版元を移して発行したのが自由社版で、今年4月、文部科学省の教科書検定に合格した。

 定例会では教育委員6人が7社の教科書を対象に審議。自由社版については「知識を身につける上で分かりやすい」「高度なところがある」などと意見が分かれ、18区ごとに無記名投票を行った結果、港南、旭、金沢、港北、緑、青葉、都筑、瀬谷の計8区で自由社版が採択された。他の区では東京書籍か帝国書院が採択された。

 つくる会の藤岡会長は「教育基本法改正後に書き直された唯一の教科書で、公平に評価されれば必ず採択されると信じていた」とするコメントを出した。


こういう教科書がもっと採用されないとダメなんですよね
でも、民主党はそれに逆行していますから、その辺は心配
日教組の存在がある以上、民主党はあり得ないです

自民党ががんばらないと日本人のアイデンティティは破壊されてしまうでしょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090805-00000066-san-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック