2009年08月03日

当然でしょう>DS違法コピー判決

Yahoo:「DSソフト違法コピー販売に懲役2年6月

>任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズ用ゲームソフトの複製データ違法販売事件で、著作権法違反(公衆送信権侵害)などに問われた会社員朝霧由章被告(38)(大阪府寝屋川市)の判決が3日、京都地裁であった。栩木(とちぎ)純一裁判官は「巨額な製作費を投じた著作権者の努力を踏みにじり、多額の損害を与えた」などとして懲役2年6月、罰金200万円(求刑・懲役4年6月、罰金200万円)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、朝霧被告は昨年7月下旬〜8月上旬、ゲームソフト「リズム天国ゴールド」の複製データを、販売目的で不特定多数の人にダウンロードできるようにするなどした。


当然の判決ですね、求刑通りでも良いとは思いましたが

この判決が少しでも違法コピーの歯止めになれば良いのですが、タダでゲームをしたいというわがままは止まらないでしょうから、無理ですかね?

単に懲役刑ではなく、労働奉仕とかボランティア参加などの刑もありにして、労働には対価を払うのが当たり前という事を教え込むのも大事かもしれません

ゲーム制作者をただ働きさせて、自分だけは美味しい思いをするって事が許されるかどうか思い知るべきでしょう
これはコピー製品を使ったユーザーにも言えることですけどね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000360-yom-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック