2009年07月30日

開けるべきではなかったんでしょうか?

Yahoo:「<キトラ古墳>石室内での壁画保存は困難 専門家グループ

>奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末〜8世紀初め)からはぎ取った青竜など四神の壁画について、文化庁の古墳壁画保存活用検討会の保存技術ワーキンググループは「石室内に戻して保存していくことは技術的に困難」との見解で一致した。8月4日に開かれる同検討会に報告し最終的な方針を決めるが、古墳外の施設で保存する可能性が高くなった。

 ワーキンググループは、壁画の保存作業に携わる専門家らで構成。古墳内に戻して保存するか、古墳外の施設で保存するか議論を重ねてきた。29日の会合で「古墳内に温度や湿度を一定に保つ保存環境を作ることは難しい」との意見でまとまった。

 壁画は、石室内の湿度上昇などによりカビが発生し劣化が進んだため、04年から文化庁がはぎ取り作業を開始し、08年11月に終了した。現在は余白部分のしっくいのはぎ取りを続けている。


開けなければ調査できないですし、開けてしまうとこうなってしまうとなると、古墳の調査は難しいですね。遠い古代のことを知りたいと思いますが、しかし古代人が封印したものを壊してしまうのは、現代人として申し訳ない気も致します


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090730-00000021-mai-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 考古学・歴史的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック