2009年07月18日

やることをやって叩かれるのが、日本という国ですか?

Yahoo:「深まる孤立、強まる逆風=「政策に間違いない」、解散待つ麻生首相

>麻生太郎首相が「わたしが決める」と繰り返してきた衆院解散が21日に迫った。東京都議選の自民党大敗で拡大した「麻生降ろし」を何とかかわしたが、経済政策を事実上委ねてきた与謝野馨財務・金融相から暗に退陣を求められるなど人心の離反が進んだ。今回のドタバタ劇で、自民党への風当たりがさらに強まったのは間違いない。激しい逆風下、首相は民主党との決戦に走り出す。
 首相は18日朝、日課のウオーキングに出た後、首相公邸にこもった。批判を受けつつも「クールダウンのため」と夜のバー通いを続けてきた首相だが、イタリアでの主要国首脳会議(サミット)から帰国した11日以降は、公邸に真っすぐ帰る日々が続く。批判再燃を恐れた自民党サイドから「厳に慎んでほしい」とクギを刺されており、不人気首相の悲哀がのぞく。
 「政策は間違っていない。堂々と胸を張っていい」。都議選敗北を総括する両院議員総会の開催を求める署名が自民党執行部に提出された16日。首相は女房役の河村建夫官房長官に、解散断行へ強い執念を見せた。
 首相には、昨年9月の就任以来、「政局より政策」と経済対策にまい進してきた自負がある。首相周辺は「いろいろな批判は甘んじて受けるが、失政はない」と強調する。もっとも、与謝野氏の行動はショックだったようだ。「経済政策を二人三脚でやり、一番大事にしてきた人なのに」と河村氏に漏らした。
 内閣支持率は2割を切り、政党支持率は民主党が自民党を逆転した。苦戦必至の決戦で、首相は「どの党が日本を守るのか」を争点に位置付け、民主党の「財源を示さない国民不在の党利党略」ぶりを訴えるという。 


解散については、私が決める、と再三にわたって発言されてきたわけで、ブレなんて無いんですよね
ところが民主党はその政策がどんどんぶれているのですが、それはスルーというのができすぎです

で、政局より政策ということで踏ん張り続けて、今ここへ来てやっと回復の兆しが見えてきているのですが、それもスルー
しかも民主党は政権を盗ったら全ての補正予算の執行をストップと宣言しています。つまり景気回復策全てが止まるわけです。エコポイントで家電の売り上げをはかろうとしている店舗とか、高速道路1000円とか、中小企業への支援とかみーんな止まっちゃうわけですね。景気回復は遠のきますね、それで良いのでしょうか?

麻生首相の実績は全て無視して、与党へのネガキャンを続けられればそりゃ人気も落ちて当たり前です
自民党にもいろいろ問題はありますが、
国を売ろうとしている民主党よりかはずっとマシです。日本という国は残りますからね。改善の余地は残っていますから


こういう報道を続けているマスゴミに負けないためにも、ネットワークでいろいろ知り得たことを周囲の人へ伝えて行きましょう
日本が好きだから売国民主党に負けないようにしましょう
その時には日の丸を身につけて(あくまで呼びかけです)

I love Japan,I Love Asou


ところで、これは本当に自民党さんが作ったんでしょうか?
自民党CMプロポーズ編



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090718-00000081-jij-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック