2009年07月14日

確かな野党の共産党からのお知らせ>民主党消費税15%を念頭に

赤旗:「消費税 4年後15% 民主 本音ポロリ 政策討論会で次の内閣経産担当

>9日まで5回の予定で開かれている民間団体の言論NPO(工藤泰志代表)が催す自民、民主両党の政策討論会で、両党のホンネがポロリとでる場面がしばしば見られます。

 ○…消費税をめぐって議論が交わされた2日は、自民党の町村信孝元官房長官と民主党の増子輝彦「次の内閣」経済産業担当の討論。町村氏は「民主党の経済政策は(いいことずくめで)街頭演説にはいいが国会の論議にたえるものではない。財源のメドがない。無駄を省くと言うが具体的なものがない」と突っ込みました。

 増子氏は「民主党政権で4年間、予算編成して予算を見直し、無駄を省いて、景気をよくし、将来不安をなくす。これで安心となれば消費税の議論をさせていただく。場合によって10%に上げるかもしれません。15%に上げるかもしれません。そのとき税制改革をきっぱりやっていきたい」。最大15%、つまり現在の3倍の消費税率への引き上げを打ち上げました

 ○…政策討論シリーズの中で紹介された東大生100人アンケートによると「今回の選挙で政党に説明してほしいこと」は消費税増税(財源)が47%でダントツの1位。調査を実施した学生たちのコメントは「東大生の約半数が消費税増税について政党に明確な説明をもとめていることがわかりました」としています。

 「4年間の間、消費税の増税はしない」(鳩山由紀夫・民主党代表)の公約の意味は、4年後からは消費税を大増税することを示しているのです


さすが、確かな野党共産党さんです
こういう時には賛辞を贈らせていただきましょう

この記事を見ると消費税に関して言っていることは、麻生首相とたいしてかわらないみたいですね。少なくとも税制について麻生首相のことを批判する資格は無いと見て良いでしょう

もっとも、15%まであげても足りないと思いますよ
埋蔵金はアテにならないでしょうし、公務員改革もしないみたいですし、バラマキをする前提である限り民主党の政策には無理がいっぱいですからね。こんな連中一度で良いからなんて安易に決めて良いのでしょうか?

民主の政策とかから
○こども手当→当面半額
○高速道無料→当面一部路線のみ実施(一台あたり5万円税金を徴収するのは内緒)
○戸別補償→3年後に先送り
○暫定税率廃止→来年度に先送り
○年金改革→5年後に先送り
○地方分権→橋下の歓心を買うため道州制に
○幹部官僚の辞表提出→取りやめを検討
○消費税4年据え置き→4年後最大15%に
○外国人参政権
○人権擁護法案

他に配偶者控除、扶養者控除撤廃ですってよ
どうします?
普通の人はかなり生活が苦しくなりますよ
年金について、一般人の支給を削って積み立てをしていなかった人(外国人含む)へ最低7万円保障ですから、老後も油断できません


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック