2009年07月02日

がんばれ!奈良県下市町!!

Yahoo:「「障害で拒否」の町が抗告=中学入学訴訟で−奈良

>身体に障害があることを理由に奈良県下市町立中学への入学を拒否された谷口明花さん(12)=同町=と両親が、町教委に対し入学を認めるよう求めた訴訟で、同町は2日までに、入学許可を命じた奈良地裁の決定を不服として、大阪高裁に即時抗告した。抗告は1日付。
 決定などによると、明花さんは今年3月に同町立小学校を卒業したが、両足と右腕が不自由なため、同町は施設未整備などを理由に町立中学への入学を拒否。特別支援学校への入学を要請していた。奈良地裁は6月26日、同日付での中学入学を許可する仮決定を出し、明花さんは今月3日から通学する。 


町としたら、受け入れる余力がないと手を挙げているのにもかかわらず、入れろと無茶を言うのはやりすぎですね

しかも、ずっと設備の整った支援学校があるわけですから、そちらに行けば済む話なのにね、そこまで我を張る必要があるのかどうか、と言った感じです

資金的な問題、周囲への影響などを考えたら、裁判結果はおかしいと思いますねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000061-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:障害 中学校 入学
posted by ! at 19:50| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どう考えても養護学校に入学すべきだと思います。
何故、この家族は、ここまで養護学校を差別するのか理解出来ません。
Posted by 生王 at 2009年07月06日 14:10
全くその通りです
もう少し現実を見て欲しいものだな、と思いました
Posted by ! at 2009年07月06日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック