2009年06月24日

公正中立じゃない報道を正すことできませんかね?

”『 これでいいのか?委員会 』 民主支持者は社民連立を認めるの?”:「《内閣支持率再び危険水域 FNN 》で考える・・・

>ということで、多くのマスコミが
「自民党ネガティブキャンペーン」
を続けている現状で、こういう数字が出る事は、別に不思議でも驚きでもありませんね・・・


「小沢西松問題」 
「小沢不動産不正取得問題」 
「小沢一郎・“日米安保は第7艦隊だけで十分”発言」 
「鳩ポッポ・“日本は日本人だけのものではない”発言」 
「鳩ポッポ・本当は中座していないのに中座したかのように語った田母神前空幕僚長とのアパホテル・ワインを飲む会での一件」 
「日教組輿石民主党参院議員会長・教育に政治的中立はありえない発言」 
「日教組輿石民主党参院議員会長・臓器移植法案の参議院での取り扱いにおける“急がなければ死んでしまうわけでもない”発言」 
「マルチ擁護議員・多数存在」 
「石井ピン・郵便不正での厚労省への圧力事件」 

他にもまだまだ多数あるわけですが、これらをマスコミがしっかりとお茶の間に伝えていれば
「今現在のこの数字はありえない」 


これに加えて、鳩山代表の故人献金問題をまとめて報道すれば民主党への評価はかなり変わってくるんじゃないでしょうか?

というよりも、こういう事をきちんと報道しないマスコミを正すことができるのは誰ですか?ってことですね

最近NHKへの集団訴訟を目指して原告募集とか、
”夕刻の備忘録”:「「NHKの犯罪」京王バス業務妨害事件を許すな/NHKへの抗議活動を妨害したみたいです」といったこともあったみたいです。おそらくこういったことは報道はされてないと思います

こういうマスコミの横暴に対して、政府が制裁を行えば報道の自由を侵害したとなるわけで、始末に負えない連中ですよね
しかし、度重なる捏造、マスコミ人のいかがわしい行為などでまとめてひっくるめて、いくつかの放送局から放送免許を取り上げても良いと思うんですよ

さらにいえば、政府直営の放送局で政府の言い分をそのまま放送すればいいと思います。これと民放を比べることどちらが正しいか判断するのも大事な国民の責務だと思いますね
他人の判断ではなく自分で善悪を判断することも必要ですよね


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック