2009年06月13日

こんな裏事情があったんですね

Yahoo:「首相、当初は「西川交代」…竹中・小泉コンビが封じ込め

>麻生首相は当初、日本郵政の西川善文社長を交代させる意向だった。

 今年2月、首相官邸の執務室。首相は鳩山邦夫総務相と会い、日本郵政の6月の株主総会で西川社長を含む取締役を一新するよう指示した。「ポスト西川」の候補として、NTTの和田紀夫会長、生田正治・元日本郵政公社総裁、西室泰三・東京証券取引所会長らの名を記したリストも手渡し、水面下の調整をゆだねた。

 首相の意を受けた鳩山氏は5月に入り、日本郵政の取締役人事を決める指名委員会の一部委員に「首相は西川氏を代えるつもりだ」と伝え、「西川辞任」に向けた多数派工作を始めた。

 しかし、直後から巻き返しにあう。

 指名委員会は、委員長を務める牛尾治朗・ウシオ電機会長を始め、郵政民営化など、小泉元首相が進めた構造改革に積極的な財界人が名を連ねる。そうした委員を通じて鳩山氏の動きを察知したのは、構造改革の旗振り役だった竹中平蔵・元総務相だった。

 竹中氏は小泉氏に相談した。小泉氏は2005年、竹中氏を通じて西川氏と知り合い、社長就任を要請した経緯がある。すぐに指名委の委員を「西川続投」で説得して回り、首相や鳩山氏の動きを封じ込めた

 結局、指名委は5月18日、西川氏を続投させる方針を決めた。


ということでは、麻生首相もどうにもなりませんね。これで麻生首相が責められるのは気の毒というものでしょう


結局小泉の負債を大量に抱え込まされた麻生首相がその圧力に耐えられなかったということなんでしょうね
鳩山元総務相の”正義が〜”という言葉は実は麻生首相に向けたものではなく小泉一派に向けたものだったのかもしれません

小泉改革は良い面もあったとは思いますが、悪い面もかなりあります
その辺の見直しをすることすらできないというのも、おかしな話です

結果として、官僚の利権がオリックスとか西川社長の利権になっただけなんですよね、小泉改革って(この辺官から民ですから、それはそれですごい?)

やりたい放題やり散らかして、後始末をしないで政界から去ろうとしているのに、いまだに支持を集めるのもおかしな話で
小泉改革から日本が立ち直るには、まだまだ時間がかかりそうです

鳩山元総務相は自民から離党しないとのこと
思うところはあるでしょうが、なんとか麻生首相を支えて欲しいと思います
そうしないと変われるものが変われなくなってしまいますから


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090613-00000127-yom-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新聞記事には眉につば付けて読むくらいがいいと思いますよ。
しかもこの記事って読売じゃないですか。
読売は以前どんな記事を書きましたっけね?
Posted by ひかり at 2009年06月14日 19:40
コメントどうもです。 その辺はごもっともです。 ナベツネの麻生首相嫌いはハンパじゃないですから、わかってはいるつもりです。 いずれにしろ麻生首相はどちらに転んでも厳しいお立場に立たされた思います、負けずに日本のためにがんばって欲しいです。
Posted by ! at 2009年06月14日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック