2009年06月12日

残念なことになってしまいました

Yahoo:「麻生首相判断は「間違い」=自民離党を否定せず−鳩山氏

>鳩山邦夫総務相は12日午後、西川善文日本郵政社長の続投は認められないとして首相官邸で麻生太郎首相に辞表を提出した後、首相について「今回の判断は間違っている」と述べた。また、記者団が自民党を離党するのかと質問したのに対し、「仲間と相談する」と否定しなかった。
 鳩山氏は「歴史がわたしの正しさを証明してくれる。わたしは汚れたことをやる人間は許せない」と自らの正当性を強調。同日午前の首相との1回目の会談で、西川氏が鳩山氏に謝罪することでそろって続投する妥協案を提示されたが、拒否したことも明らかにした。 


残念な事態になってしまいました
鳩山総務相は、おかしな事は言ってなかったと思うんですけどね
どう考えても西川社長が辞めるべき事態だったと思います

麻生首相も、鳩山氏を辞めさせたくはなかったと思うのですが、党内の小泉残党に抗しきれなかったというのが実情なんだろうなと推測
小泉改革を錦の御旗に見立てて居座っている連中がいる限り、麻生首相も思い通りにできないんじゃないでしょうか?

またそういう連中を従わせるだけの支持率があれば別なんでしょうが、マスコミ等によるネガティブキャンペーンによって、ひどい目に遭ってますからね、これも難しい
なので苦渋の決断だったと思いたいです

日本の首相が、アメリカの大統領のように本人の決断だけで、国を動かせるならいろいろ断行できるんでしょう

しかし、日本の首相の今は、どうしても与党との調整で党内の多数派に押し切られてしまったりするから思い通りに動けなくて、マスコミがやたら言うブレにつながってしまってるんじゃないでしょうか?そんな気がします

そこで、鳩山氏はスケープゴートにされてしまったのかも

これで麻生おろしがさらに厳しくなるとは思います
しかし、あとに控えているのが本当に日本の事を考えてくれている政治家ならいいのですが、そうではないので、
どうしてもまだまだ麻生首相にがんばっていただかないとなりません

友愛精神で日本を崩されたくはないですし
麻生首相が降ろされて、次の総裁が小泉改革を続けるといって庶民を苦しめる政策をとる可能性もありますからねぇ

安倍元首相、麻生首相は小泉改革の後始末でかなり苦労されているんですから、もっともっと見直されても良いと思うんですが、マスコミがネガティブな報道ばかりで誤った方向へ誘導されてしまっているので、残念なことになってしまってます


麻生首相の実績を、マスコミのフィルター抜きでぜひ見直して欲しいと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090612-00000095-jij-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック