2009年05月18日

民主党代表選に関して>津川さんの見解

”津川雅彦『遊び』ぶろぐ −サンタの隠れ家−”:「民主党の党首は鳩山さんになるだろう。

>あの粘りっこい、ひつこい程の権力志向を持つ小沢氏は、プライドも人一倍高く、常に強引なやり方を貫いてきた。なのに潔くあっさり諦めて辞任し、年貢の納めどころと思ったと考えるのは小沢氏を知らない人だ。
西松事件釈明会見で、恥を忍び、涙までこぼして名演技を見せたにもかかわらず、誰も騙されてくれず、同情してくれるどころか、
マスコミ等は自分たちがせっかく作った民主党人気を、今や凋落の一途を辿り、小沢党首が、かえって党の足を引っ張る存在に成り下がったと危機感を持ち、小沢降ろしに躍起になった結果が、先日の悔しさの溢れる辞任会見となった訳だ。
さて政策は疎いが、政局には敏な小沢氏はとっくに辞任の覚悟をしてた筈だ。この時期を選んだ切っ掛けは、
党首討論を逃げるギリギリのタイミングもあるだろうが、
小沢氏の首に鈴をつけたのは、昨日までの熱烈な後援者であったマスコミの裏切りだ。
これを相当恨みに思っている小沢氏がとるべき道は一つ、子分の鳩山氏を党首にして傀儡政権をつくる事だ。
でなきゃ、これまで民主党でしてきた苦労は水の泡となり報われない。そこは百戦錬磨の古だぬき、辞任会見前に後継者をしっかり決め、根回しをし固めておく事にそつがあると思えない。そのお相手は当然、子分鳩山氏だ。
僕は今度の小沢辞任と
後継者の決め方に公平さや透明感を感じない。むしろ胡散臭い。
つまり党首の座は反小沢の岡田氏には絶対渡せない臭いが僕ら素人にもプンプンする。
だから岡田氏は全く選挙運動の時間を与えられていない。鳩山氏が勝てるように十分な根回しをし、策をこうじてからの突然のように見せかけた辞任だった訳だ。
鳩山氏は小沢党首の幹事長として、西松事件を自らも共同責任だとして、格好良く小沢党首を庇い、事あらば一蓮托生を宣言したまでの鳩山氏は潔い覚悟と見えたが、
親分辞任となり、約束通り幹事長辞任直後に、その舌の根も乾かぬうちに、失格子分の立場もわきまえず、手のひらを返して党首に立候補した。汚い政治の世界と言えども、男のとるべき行動ではない。国民への裏切りだ。その見識の無さは噴飯もの。悪あがきも度が過ぎるが、これも小沢親分の強引な指図とあらば鳩山一人は攻められない。今後も小沢氏は、ただただ傀儡鳩山党首成立の為に、執念を見せてあらゆる手段を尽くすだろう。
対抗馬の岡田氏も、情けない事に小沢親分に遠慮してか、歯切れが悪い。
民主党の臭いものに蓋をしてしまう体質はこの場に及んでも変わらない。こんな党に思いきった改革が出来る筈がない。経済政策も財源が甘く、鳩山、岡田両氏共に消費税ひとつ勇気を持ってあげるとは言えない。
集団自衛権、ソマリア海賊撃墜、世界平和貢献は勿論、国防に至っては何もまとまらず、無責任限りない政党だ。
党首に立候補するなら、鳩山氏もこうした疑惑や不信感を払拭するために勇気を持って、まず小沢氏を支持した間違いを国民に懺悔し、小沢氏が民主党のマニフェストを無視し、利権関係にある西松建設から、飛び抜けた献金を受け取った事実を知りながら、小沢氏の不見識を認めなかたった理由の説明責任を果たし、検察を非難した軽率も謝罪し、ダミー献金を認めた西松建設に関係するのは小沢氏だけで、民主党は全く関係ないと宣言する責任が、小沢氏の子分で且つ幹事長であった鳩山氏にはある。
更に民主党のマニフェストに反した小沢氏に厳重に注意し、この際民主党の要職からは一切排除すべきだ。
なのに未だに要職につかせると公言している。小沢氏を怖がって、何も言えない民主党ではない事を、今こそ国民に示さないと、結局鳩山になろうが、岡田になろうが、胡散臭い小沢傀儡の民主党のイメージは免れないと悟るべきだ。


代表選前の記事です
津川さんのお書きになったとおりの展開ですね

全くその通りになりました
民主党はまともではないということを、もっといろんな人が声を上げて述べて欲しいものです


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:27| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック