2009年04月23日

ファンタジー映画なんですよね?>南京映画

Yahoo:「日本兵の葛藤も描く異色作=「南京大虐殺」の映画封切り−中国

>旧日本軍が1937年12月に中国・南京で起こした虐殺を題材にした陸川監督(38)の中国映画「南京!南京!」が22日、中国各地で封切られた。日本軍の残虐行為に対する中国人の抵抗がテーマだが、殺りく行為に苦しむ一日本兵の心の葛藤(かっとう)も浮き彫りにした異色の映画だ。北京の映画館は平日の昼間でも客席がほぼ埋まった。
 陸監督は中国メディアの取材に「南京大虐殺の歴史からは一人ひとりの存在が抹殺されている。この映画では抵抗の精神を表現したかった。中国人の抵抗だけでなく、日本兵が死を選択したことも軍国主義への抵抗だ」と語った。中国映画ではあまり取り上げられなかった慰安婦の運命も描かれている。
 

史実かどうか検証されていないことを事実であるかのように扱っちゃまずいでしょう

いわば、遠山の金さんとか水戸黄門漫遊記を史実であるかのように考えるのと同じことでしょう

捏造で日本を不当に貶めるための作品ですから、比べるのは金さんや水戸黄門に甚だ失礼な話ですが

こんな事ばかりやってるから、中国はダメなんですよね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090422-00000129-jij-int


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック