2009年04月18日

どうしたら異例ではなくなります?>東京都ワッペンで処分

Yahoo:「ワッペン作り直しの都下水道局長、「異例」の懲戒処分に

>東京都下水道局が、職員の制服用にワッペン2万枚を作製しながら、デザインが都の内規に反するとして約3400万円かけて作り直した問題で、都は17日、作り直しを決めた今里伸一郎・同局長(58)について、減給20%(3か月)の懲戒処分にしたと発表した。

 都は「公金の無駄な支出で懲戒処分にするケースはまれだが、今回は特に額が大きく、厳しくした」と説明している。

 発表などによると、同局は昨年、制服の新調に伴い、イチョウの形をした都のシンボルマークのわきに、約5センチの水色の波線を加えたワッペンを作製。マークの取り扱いを定めた都の内規に、「他の要素を加えない」という規定があったため、今里局長は、例外が認められていたにもかかわらず、作り直しを決めた。これについて、都は、今里局長が経済性を軽視したと認定した。作り直しにあたっては、最初のデザインを決めた担当部長と課長(いずれも当時)が、内規の確認不足などを理由に訓告処分を受けていたが、都は取り消す方向で調整している。

 今里局長は「極めて厳粛に受け止めている。都民の信頼確保に努めたい」としている。


ワッペンの作り直しで3400万円を無駄にしたので減給の懲戒処分ということになったそうですが、この処分が異例だとのこと

民間の普通の企業に勤めていたら、これほどの欠損を出したらそれなりの処分になるのが通例ですが、公務員だと減給の処分でも異例となってしまうんですね

厳しさの基準がどれほどなのか何とも判断はできませんが、それなりの責任を負って貰うためにも、異例ではないようにして貰いたいですね

一番責任を追及されるべきは、やはり霞ヶ関にいる人たちでしょうか
公務員に関する法律もいろいろ理由があって現状のように定められているとは思うのですが、それを逆手にとって好き勝手する人にはより厳しくしないと改まらないと思うんですよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090417-00000928-yom-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:43| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック