2009年04月17日

結婚してないんだから、認められるわけ無いですね

Yahoo:「事実婚夫婦の敗訴確定=無戸籍婚外子の住民票訴訟−区の作成義務認めず・最高裁

>子供の出生届に「非嫡出子(婚外子)」と記載するのを拒否して出生届を受理されなかった事実婚の夫婦らが、東京都世田谷区に住民票作成などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第二小法廷(今井功裁判長)は17日、区の作成義務を認めず、原告側の請求を退けた。夫婦らの敗訴が確定した。
 訴えていたのは、介護福祉士の菅原和之さん(44)夫婦と次女(4つ)。菅原さんは次女の出生届を出した際、続き柄の欄に「嫡出でない子」と表記することを拒否。このため区は受理せず、住民票も作成されなかった。
 同小法廷はまず、出生届を出さないやむを得ない理由や、住民票が作成されないことによって子供が重大な不利益を被るなどの特別の事情がある場合には、区は住民票を作成しなければならないとの初判断を示した。
 その上で、菅原さんの次女は未成年のため、選挙人名簿に登録されない不利益はなく、手続きをすれば通常の行政サービスも受けられると指摘し、「特別の事情」には当たらないと判断した。 


結婚していないんですから、婚外子になるのは当たり前
それが嫌ならちゃんと結婚すべきです
そういう風に法に定められているのですから、法治国家である以上従うべきでしょう
何で従わないんですか?みんなで法を守っているから権利も認められると思うんですけどね
義務は果たさない、でも権利は欲しいってものすごく悪い奴じゃないですか?

なんといっても、下らぬ思想を守らんがために子供を犠牲にしている点でクズという他は無いでしょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090417-00000103-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:婚外子 事実婚
posted by ! at 20:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック