2009年04月15日

大阪弁護士会にも自浄作用無し

Yahoo:「<大阪弁護士会>橋下知事は懲戒相当 母子殺害の発言で議決

>山口県光市の母子殺害事件に関する大阪府知事の橋下徹弁護士の発言を巡り、所属する大阪弁護士会の綱紀委員会が「懲戒相当理由がある」と議決したことが分かった。今後、同弁護士会の懲戒委員会に送付され、懲戒処分に該当するかを審査する。

 橋下弁護士は07年5月のテレビ番組で光市事件の弁護団を批判し、「許せないって思うんだったら一斉に弁護士会に懲戒請求をかけてもらいたい」などと発言。被告の元少年の弁護士4人に計2500件以上の懲戒請求が届いた。元少年の弁護士4人が業務に支障が出たとして、橋下氏に損害賠償を求めて提訴し、広島地裁が08年10月、計800万円の支払いを命じていた。


あのとき橋下弁護士(当時)が懲戒請求のことについてテレビで語らなければ誰も知らなかったわけで、それを告知したことが懲戒処分になるとはね、驚きました

司法の場に国民の意見を取り入れるために裁判員制度が始まるわけですが、弁護士の世界にも国民の意見を入れるための場があった方が良さそうですね

弁護士も、特に左巻き系は、どうも一般常識が通じないようですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090415-00000049-mai-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:31| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック