2009年04月15日

無茶言わないで>割り箸訴訟

Yahoo:「二審も診察医の過失なし=男児死亡、割りばし事故訴訟−東京高裁

>東京都杉並区で1999年、杉野隼三ちゃん=当時(4)=が割りばしをのどに刺し死亡した事故で、診察医が適切な治療を怠ったとして、父正雄さんらが学校法人杏林学園(三鷹市)と担当の根本英樹医師に計約8900万円の損害賠償を求めた控訴審判決で、東京高裁は15日、請求を棄却した一審判決を支持し、原告側控訴を棄却した。
 小林克已裁判長は、根本医師が診察した際の状況について、「割りばし片による頭蓋(ずがい)内損傷が予見できたとはいえない」とし、注意義務違反による過失はなかったと認定した。
 

これが有罪になったら、今度は耳鼻科の先生のなり手が減少するんじゃないでしょうか?
こんな所まで考えて診断できる先生なんていないんじゃないですか?
治療の状況を考えたら、無理でしょうね
すべての患者にCTスキャンをかけたりするなど、トンデモ無いことでしょう

やはり何度も言いますが、割り箸とか尖ったものを子供に持たせて放置したのは親の責任だと思いますね
目を離しちゃダメだと思います

それを先生にぶつけたらダメでしょう、気の毒ですけど医師に責任を求めるのは酷というものです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090415-00000073-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:割り箸 幼児
posted by ! at 21:18| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック