2009年04月15日

正しいとしても不法行為は許されない>調書漏洩問題

Yahoo:「調書漏えいの崎浜被告「後悔しない」、草薙さんは姿見せず

>加害少年のプライバシーが記載された調書をジャーナリストに見せた行為に、有罪判決が出た。

 2006年の奈良県・医師宅放火殺人事件を巡る調書漏えい事件で、奈良地裁は15日、鑑定人で医師の崎浜盛三被告(51)に懲役4月、執行猶予3年を言い渡した。

 判決前、崎浜被告は「有罪になっても後悔しない」と語ったが、判決は「正当な理由は認められない」と指摘。調書を自著に引用したフリージャーナリストの草薙厚子さん(44)は法廷に姿を見せなかった。

 「草薙さんにだまされたという思いはあるが、調書を見せたことは間違っていない」。15日午前、京都市内の自宅を出た崎浜被告は淡々と話した。

 06年夏、草薙さんから「調書を見せてほしい」と持ちかけられた時、返事をためらった。ただ、精神鑑定した少年は「殺人者ではない」と確信し、少年へのレッテルをはがすため、広汎性発達障害を社会に理解してもらいたいと考え、調書を見せたという。


調書を漏らしてはいけないことになっている以上、この医師の言い分には正当性は無いですね

勝手に判断して勝手なことをした以上、その責任をとらなければダメでしょう

また、
Yahoo:「「言論、表現認めず不当」=調書漏えいで草薙厚子さん

>ジャーナリスト草薙厚子さんは代理人の清水勉弁護士を通じて、「少年のために尽力し、続発する少年事件を食い止めようとする良心的な医師が有罪となった前代未聞の結果だ。憲法に保障された国民の正当な言論、表現活動を認めない不当判決に強く抗議する」とのコメントを発表した。 

金儲けをして、他人に尻ぬぐいをさせてこの言い分
このおばはんもいわゆる似非ジャーナリストなんですね

言論・表現の自由にしても好き勝手を言って良いわけではないですし、ましてやそれで金儲けをしていて何の責任をとるそぶりも見せない辺り、モラルも何も無いってことなんですね

そんなのが表現の自由を訴えるなんて、ちゃんちゃらおかしいな


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090415-00000639-yom-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090415-00000091-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:09| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック