2009年04月08日

官僚を監視する体制、何か無いものですか?

Yahoo:「農水省のヤミ専従、昨年3月も調査…「4月把握」はウソ

>組合幹部によるヤミ専従疑惑を隠していた農林水産省が、昨年4月の一斉調査より前の同3月、関東地方の農政事務所を対象に調査を実施し、その結果、すべての事務所にヤミ専従疑惑の職員がいるとの報告を受けていたことが7日、分かった。

 組合対応を担当する同省秘書課は、この調査結果を上層部に報告しておらず、同省も記者会見などで「初回の調査は昨年4月1日付」と発表、疑惑を二重に隠蔽(いんぺい)していた。

 同省の特別調査チームは、他の出先機関でも調査結果を隠している疑いがあるとみて、調査を進めている。同省ではこれまで、3度にわたる省内調査で当初142人だった疑惑対象者数を「0人」としたことが判明しているが、それ以前の調査の存在が明らかになったことで、同省の公式発表の信ぴょう性も問われることになりそうだ。

 新たな疑惑隠しが発覚したのは関東農政局(さいたま市)。同省によると、昨年3月17日、ヤミ専従疑惑に関して人事院に寄せられた告発メールは、同農政局管内の千葉、栃木の両農政事務所を名指しした内容だった。このため秘書課が地方課を通じて同農政局に調査を指示。同農政局は18日夜、同農政局内部と管内の9農政事務所に、組合幹部309人について19日午前11時までに調査するよう求めた。

 この結果、同農政局とすべての農政事務所でヤミ専従疑惑があると回答。その数は全体の1割以上の33人にのぼった。

 ところが、同農政局は、告発メールで疑惑が指摘されていた千葉、栃木の両農政事務所の6人分だけ本省に報告。残る27人についてはそのまま放置していた。

 さらに、6人の報告を受けた本省秘書課も、その結果を上層部に報告しなかったばかりか、調査を行ったこと自体も隠蔽。今年になって読売新聞の取材を受けた際や、問題発覚後に全報道機関に説明する際にも、最初の調査は4月1日付との説明を続けた。虚偽の公表をしたことについて、農水省秘書課は「誠に申し訳ない。なぜ当時、3月調査の存在を隠していたのかは調査中だ」としている。


公務員を公務員が調べたって、そりゃ身内のやったことには甘くなるのは当たり前
公務員に限らず民間だって同じようなものでしょ

それよりも、どちらにしてもそういう一部の阿呆のために一生懸命仕事をしている人たちが、同じように見られてしまって気の毒ではないでしょうか?悪いことをやっている連中はそういう仲間達に対して罪悪感を感じないのかなぁ

また、その組合が支持しているのが民主党でしょ?
政権交代して公務員の改革ができるのですか?
これはこれで大きな疑問です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090408-00000140-yom-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:42| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック