2009年03月23日

証言ではなく、

ヤフー記事:「「受注前後、小沢事務所にあいさつ」=西松献金、秘書ら24日起訴−東京地検

>小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」が西松建設から違法献金を受けたとされる事件で、東北地方の談合組織に所属した複数のゼネコン元幹部が東京地検特捜部の調べに対し、「小沢事務所の存在は無視できず、入札前と工事受注後には毎回あいさつに行った」と証言していることが23日、複数の関係者の話で分かった。特捜部は小沢事務所が大型公共工事で強い影響力を持っていたことを裏付ける有力な証言とみている。
 特捜部は、逮捕した陸山会の会計責任者で公設第一秘書大久保隆規容疑者(47)らを政治資金規正法違反罪で拘置期限の24日に起訴する方針。
 

検察さんには、本当にがんばって欲しいです
このような証言があることは、良いとは思うのですが
確実に仕留めるための決定的な証拠を持っているんでしょうか?それが非常に気がかりです
大山鳴動してねずみ一匹では何の価値もありません

小沢のような巨悪を倒さなくては、日本に明るい未来は無いと言っても過言ではないでしょう
小沢を倒しても様々な売国奴が残りますけど、金の切れ目が縁の切れ目、民主党のまとまりはかなり弱くなるはずではないでしょうか?

明日は、秘書が起訴されるらしいですが、それだけで終わらないで欲しい、願ってます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090323-00000125-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック