2009年03月12日

外国の首脳を侮辱したから当然

ヤフー記事:「靴投げ記者に禁固3年=アラブ世界では英雄−イラク裁判所

>昨年12月にイラクを訪問したブッシュ前米大統領に向けて靴を投げつけ、外国人指導者を襲撃した罪で起訴されたイラク人テレビ記者ムンタゼル・ザイディ被告(30)に対し、同国の裁判所は12日、禁固3年の判決を言い渡した。
 前大統領の記者会見に出席した同記者は「イラク人からのさよならのキスだ。犬め」と罵倒しながら靴を投げつけた。靴を投げつける行為はアラブ世界で最大級の侮辱とされ、ブッシュ氏が進めたイラク戦争に反発したアラブ民衆は、同記者の行為に快哉(かいさい)を叫んだ。
 

記者なら記者らしくペンで戦えば良かったのに靴を投げたんだから重罪と扱われてもしょうがないですね
自業自得です

アラブ社会では英雄扱いだそうですが、これは中国の愛国無罪を同じレベルの発想ですね
他国に対して誇れることではありません、恥ずべき行為だと考えます

さて、アラブ社会の反応は?
冷静に判決を受け入れられれば国際舞台に立てるレベルだと思いますが、果たして?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090312-00000120-jij-int


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:03| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック