2009年03月12日

実際にはどういう言い方をしていたんでしょう?

ヤフー記事:「<川崎の医師>講演会で「どんどん吸って早く死んで」

>川崎市立井田病院(中原区、関田恒二郎院長)の男性医師(55)が、7日に富山市で開かれた講演会の質疑応答で「禁煙が進むと医療費がかさむことは明らか。どんどん吸って早く死んでもらった方がいい」と発言していたことが分かった。禁煙推進団体は「人の命と健康を守る医師の発言とは思えない暴論」と抗議した。医師は取材に対し「真意が伝わらず誤解を生んだ」と釈明している。

 病院などによると、講演会は富山県医師会主催で参加は関係者約30人。男性医師は医療と介護をテーマに講演した。質疑応答で、神奈川県が制定を目指す公共的施設受動喫煙防止条例について問われ、回答した際に発言したという。

 医師は「私もたばこを吸うので、(喫煙は)自己責任だと言ったつもりだったが、誤解されてしまった」と説明。さらに「禁煙よりも、医療や介護を受けられない人たちへの対応に力を入れるべきだという思いがあった」と話した。

 市民団体「たばこ問題情報センター」(東京都千代田区、渡辺文学代表)は10日、関田院長と医師に発言の真意などについての公開質問状を提出した。


今までのマスコミの報道を考えたら、これだけの記事だけでは判断のしようがないですね

政治家の発言を適当にはしょって、こんなに酷いことを言ったんですよというくだらない真似ばかりしてきているから、この医師さんの前後の発言を聞いてみなければ正しい判断はできないでしょう

言葉尻だけとらえて、問題視するというのはバカでもできることですからねぇ
マスコミも早く正常になれると良いなと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090312-00000010-mai-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:タバコ 医者
posted by ! at 19:49| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック