2009年03月07日

中国の毒餃子問題

いくつか中国の毒ギョーザ問題の記事が流れたんですが、中国に真相解明を期待するのはどうやら無理なようです。このまま時間と共に風化するのを期待しているとしか思えません

ヤフー記事:「「社員が食べた」と認める=回収ギョーザ問題−中国国有企業社長

>中国製冷凍ギョーザ事件で、製造元の天洋食品(河北省石家荘市)が回収したギョーザが複数の鉄鋼メーカーに横流しされ、これを食べた従業員が中毒症状を訴えた問題で、国有企業・河北鋼鉄集団の王義芳社長は6日、「従業員がギョーザを食べたのは確かだ」と言明した。鉄鋼会社幹部が、事件後に回収ギョーザが自社内で出回っていた事実を認めるのは初めて
 王社長は、北京で開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)の代表を務め、河北代表団分科会の終了後に開かれた記者会見で語った。
 

ヤフー記事:「中毒ギョーザ“事件”日本が「作った」…関係者は全面否定

>6日に開かれた中国の全人代・河北省代表団の記者会見で、日本で中毒事件を起こした天洋食品のギョーザが河北鋼鉄集団の傘下企業に横流しされ、中国でも中毒事件が起きた問題が取り上げられたが、関係者は横流しを含め、事実関係を全面否定した。

 横流しは国営新華社通信も報道しており、国内の事件を一切隠そうとする中国側の姿勢が浮き彫りになった

 同集団の王義芳社長は「我々がギョーザを配った事実は存在しない」と強調。質問した日本メディアに対し、「この事実はあなた方が作り出したものだ」と述べた。

 読売新聞は同集団傘下の唐山鋼鉄の従業員宅で、配布された天洋製ギョーザを確認したが、唐山市の陳国鷹市長は「中国人はギョーザ好きで、どの家にもある」と述べた後、「自分で買った物で、(会社が)配った物とは違う」などと釈明した。


この二つの記事での違いは、王義芳社長が認めたというのと認めないというものなんですが、どちらが正しいんでしょうか?これは結構気になります。ただ、下の記事では中国側は一切認めない方針のようなので、上の記事がおかしいのかなぁと思います

ヤフー記事:「ギョーザ問題指摘にいら立ち=「未解決事件、日本でも」−中国外相

>「日本には未解決の食品(安全)事件はないのか」−。中国の楊潔※外相(※=竹かんむりに褫のつくり)が7日、記者会見でのギョーザ中毒事件に関するやりとりの中で、やや感情的になる場面があった。冷静沈着な楊外相が模範解答から脱線するのは珍しく、日本側から同事件の未解決を指摘され続けることへのいら立ちをうかがわせた。
 楊外相はギョーザ事件について公式見解を述べた後、突然「聞きたいが、日本には困難な捜査を経て、解決されていない食品事件はないのか」と反問。「日本の警察当局は最後まで追跡調査するだろう」とした上で、中国側の決意も同じだと強調した。
 

中国の外相も毒餃子事件を問われるのがイヤみたいですね
中国としてみれば、食料品を輸出して稼ぎたいところなんでしょうが、ここまで日本が毒問題を引きずるとは考えてなかったということなんでしょうか?
日本の消費者側にしてみれば、食の安全は当然のことなので、いつまでもうやむやにしている中国製品を買いたくないのは当たり前のこと
早く罪を認めて楽になった方が良いと思うのが普通の感情なのですが、中国は誤魔化したまま逃げ切るつもりなんでしょう

ただ日本人も喉元過ぎれば、っていう面もあるので
中国の戦略もあながち間違いではないかもしれません

日本でもいろいろな食の問題がありますから、日本人自身もしっかりしないといけないでしょう

食糧自給率をあがるようになって、いかがわしい中国食品を買わないで、まともな食料品会社から買うようにしてしっかりと自衛できるようにしていきたいですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090306-00000210-jij-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090306-00000989-yom-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090307-00000065-jij-int


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 16:36| 東京 ☀ | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック