2009年03月03日

自転車で死亡事故

ヤフー記事:「信号無視96歳に有罪 自転車で車の男性事故死誘発 水戸地裁支部

>赤信号で交差点に入った自転車を避けようとしてトラックが建物に衝突し、運転手が死亡した事故で、重過失致死罪に問われた自転車の無職、秋田正夫被告(96)=茨城県取手市=の判決公判が3日、水戸地裁土浦支部であった。伊藤茂夫裁判官は禁固1年4月、執行猶予3年(求刑禁固2年6月)を言い渡した。

 伊藤裁判官は「妻子を持つ働き盛りの被害者を死亡させた。刑事責任は重い」と指摘した。

 弁護側は過失致死罪の適用を主張したが、「信号を見過ごすことは重大な過失で、重過失致死罪が成立する」とした。

 判決によると、秋田被告は昨年4月7日午前6時ごろ、赤信号を見落とし自転車で取手市新町の国道交差点に進入。右から来たトラックが避けようとして自転車に接触、建物の壁に衝突し、運転していた千葉県柏市の会社員、吉田寿雄さん=当時(53)=が死亡した。


これで亡くなった方は、本当にお気の毒さまでした

自転車の無法ぶりは最近特に言われるようになってきました
しかし、原付のように免許があるわけではないので、交通法規を知らないままに乗れてしまうので、こうなるのも必然でしょうね


自転車を購入する際には、交通法規・マナーを強制的に学ぶようにしていかないとこういう事故はなかなか減らないと思います
軽車両と位置づけられて、公道を走る以上厳しく取り締まって欲しいですね

スピード出し過ぎ、蛇行運転、並列運転、携帯電話等々本当に酷いものですよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090303-00000159-san-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:16| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック