2009年03月03日

捜査陣の執念

ヤフー記事:「時効5日前、京都で男逮捕=「逃げ通す」と姿消す−都内で女性暴行容疑・警視庁

>2002年に東京都内で20代だった女性宅に侵入し、暴行したなどとして、警視庁捜査1課と荏原署は3日までに、強姦(ごうかん)と強盗などの疑いで、京都市東山区祇園町南側、無職相馬高太容疑者(27)を逮捕した。
 同容疑者は周囲に「時効まで逃げ通す」と話して都内から姿を消したが、同課などは京都府内で発見し、2日に逮捕。公訴時効の成立は7日だった。
 同課によると、同容疑者は強姦容疑を認め、強盗に関しては「覚えていない」と話している。
 逮捕容疑は、02年3月8日午前4時すぎ、都内の女性宅に無施錠の窓から侵入し、就寝中の女性の両手を粘着テープで縛って暴行した上、約5000円を奪った疑い。
 

捜査陣の皆様の執念に敬礼、ですね

それにしても時効がたった7年ですか、そんなことで逃げ得が認められるのは良くないですね
少なくても、このような重罪、殺人などに時効があるのはおかしいです
時効を撤廃して欲しいものですね

それに裁判したところで10年も入ってないんでしょ
犯人全然楽じゃないですか、被害者は一生つらい思いをしなければならないんですから、釣り合わないです
強姦も死刑で良いと思いますよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090303-00000060-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:強姦 時効 逮捕
posted by ! at 19:46| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック