2009年02月26日

靖国神社に祀られて困ることあるの?

ヤフー記事:「「法的利益侵害」認めず 靖国神社合祀拒否訴訟 大阪地裁、遺族の請求棄却

>靖国神社に合祀(ごうし)された元軍人・軍属の遺族が「同意のない合祀で、遺族の人格権を侵害している」などとして、靖国神社と国を相手取り、合祀者を記した「霊璽簿(れいじぼ)」などから親族の氏名削除と原告1人あたり100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、大阪地裁であった。村岡寛裁判長は「合祀で原告らの法的利益が侵害されたとは認められない」として原告側の請求を退けた。

 靖国神社の合祀をめぐり、神社を被告として是非を問う同種訴訟は東京と那覇両地裁で係争中で、初めての司法判断。国に対しては韓国人遺族らによる訴訟で平成18年5月、東京地裁が請求を棄却している。

 訴えていたのは島根県の住職、菅原龍憲さん(68)ら9人。

 原告側は直接合祀取り消しを求めず、霊璽簿や祭神簿などからの氏名削除を請求。さらに親族が英霊として祭られ続けることについて、遺族が敬愛追慕する権利の侵害を訴えた。国には、親族の氏名など個人情報を神社に伝えたのは不法行為にあたるとして賠償を求めていた。

 これに対し、靖国神社側は「霊璽簿などは合祀手続きに不可欠。極めて重要な宗教行為の一部であり、法律上の争いに該当しない訴えだ」と主張していた。


別に靖国神社に祀られていたとしても、遺族の側だけで亡くなった方を供養し続けることはできるわけですから、なんの権利の侵害を受けたとは言えないと思いますので、裁判所の判断は至極妥当のことだと思います

それに、亡くなった軍人さんは当時、靖国で会おうと言い合って祖国を守るために戦っておられたわけです。その意志に背くことは遺族であっても背くことはできないはずです、それが当時の教育の影響だとしてもね

そうでなければ、諸外国から日本が植民地化されてしまう可能性が多々あったんですからむべなるかなと感じますよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000155-san-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:03| 東京 🌁 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック