2009年02月20日

非常に気の毒な話

ヤフー記事:「別人の受精卵で妊娠か=20代女性、人工中絶−県立中央病院・香川

>香川県は19日、県立中央病院(高松市)で昨年9月、不妊治療のため体外受精をした20代の女性に、誤って別の患者の受精卵を移植した可能性があるとして、約2カ月後に人工妊娠中絶をする医療ミスがあったと発表した。
 病院側は女性に受精卵を取り違えた可能性があることを説明し、謝罪したという。県によると、女性と20代の夫は県を相手に約2000万円の損害賠償を求める訴えを高松地裁に起こした。
 受精卵の取り違えは、2000年に石川県のクリニックで発覚した例があるが、妊娠に至ったことが明らかになったのは初めて。
 香川県によると、昨年9月中旬ごろ、担当の男性医師(61)が女性の受精卵が入った複数のシャーレを培養器から取り出し、作業台の上で発育確認と培養液の交換をした。
 その際、直前の作業で台に残っていた40代の患者のシャーレに女性のシャーレのふたをして培養器に戻し、数日後に受精卵を女性の子宮に戻した疑いが強いという。
 

せっかくのご懐妊が、こんな事になってしまい、非常にお気の毒なことと思います
医者側も細心の注意を払って行って欲しいものですよね
こういう重要な事を一人でやって、チェックもろくにやってないんですからね
人手不足なのか何なのかよくわかりませんが、人員をしっかりと確保してやるべきでしょう

それにしても損害賠償が2000万なんて、安すぎると思います
もう少し請求しても良いんじゃないでしょうか?


ただ、こういう事故があると、どうしても人間がこういう領域まで手を出して良いのかなぁとも考えてしまいます
いくら技術的に可能であっても、やっていいことといけないことあるんじゃないかと心配になります

代理母なんて言うのは技術でも何でもなく、タダの人身売買に過ぎず治療でも何でもないですから、論外も論外で許されないのは当たり前ではありますが

今回の体外受精のようにちゃんとご両親の子種を使い、ちゃんと母親の身体で産むという場合の線引きは微妙な感じです

自分たちの子供が欲しいという切実な願いも有りでしょうけど
人として神の領域に手を出しても良いのかなぁと考えると
難しい問題ですよねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090220-00000006-jij-soci


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村←クリックお願いいたします
posted by ! at 19:52| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック